中国ネット上で常々「小日本」とやゆされている日本。確かにあまりに広大面積を誇る中国から見れば、日本は「非常に狭い」かもしれない。しかし、世界的に見るとそこまで小さなではないのだ。中国メディア東方網は13日、「日本は実は領土大の部類に入るだった」とする記事を掲載した。

 記事は、「日本はわが中国べると、まるで小さなのようなサイズだ。しかも、中国に加えてロシアという広大があることで、日本がますます小さく見えてしまう。しかし、実際のところ日本を『小さな』と呼べるはそう多くないのである」とした。

 そして、「日本面積は約378000方キロだが、これはヨーロッパで考えるとフランスよりもやや小さい一方で、ドイツ英国よりも広い。欧州の中では上位の広さになるのだ。面積世界ランキングでは、上位3分の1には入る」と説明している。

 また、「領と排他的経済域を合わせると約450万方キロと、中国の陸地面積の半分にも及ぶ。そして、中国の海面積日本の半分程度だ」と摘。洋部分を含めて考えると、日本はますます「小さな」ではないとの見方を示した。

 さらに、「日本にとって不足しているのは資だ。しかし、鋼の生産量は欧州全体の生産量の65を占め、米国よりも20も多い。もし、日本ロシア中国の隣というポジションでなく、欧州にあったとすれば間違いなく『大きな』だったのだ」としている。

 記事は最後に、「厳しい生存環境や不足する資日本というを作ってきた要素になっている。生きていくために必死に工夫したり善したりしてきたのだ。歴史問題など感情的には複雑ではあるが、日本は間違いなく強で、かつ、リスペクトに値するライバルなのである」と締めくくった。(編集担当:今関忠)(イメージ写真提供123RF

中国人の多くが、日本に対して大いに誤解していること それは・・・=中国メディア