ポーランドリトアニアに4-0で勝利 レバンドフスキは2得点

 ポーランド代表は12日、国際親善試合でリトアニアと対戦し4-0と勝利。バイエルンのFWロベルト・レバンドフスキは、この試合で2得点を挙げエースにふさわしい活躍を披露したが、そのなかでも2得点目の直接FK弾が世界で反響を呼んでいる。

 レバンドフスキは前半のみの出場となったが、前半19分に早々と先制点を奪うと同32分、ペナルティーエリア手前で得たFKで右足を振り抜き強烈なシュートを放つと、ボールクロスバーを叩き、ワンバウンド後にピッチ内に戻ったが、VAR(ビデオアシスタントフェリー)判定により、ゴールラインを割っていることが認められた。

 この鮮烈なFK弾に世界が注目。英紙「デイリーメール」は「レバンドフスキの一撃はクロスバーを砲撃したが、テクノロジーゴールに変換した」と報じると、英サッカー専門誌「フォーフォー・トゥー」は「ポーランドの対戦国はレバンドフスキスパークに最大警報を発動せよ」と警鐘を鳴らしている。

 イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は「スーパーロベルト・レバンドフスキの登場」と伝え、母国ポーランドメディア「WSPOLCZESNA」は「レバンドフスキは最高だ! ファンに歓喜を与えた」と賛辞の言葉を送っていた。

 レバンドフスキは8日に行われたチリ戦(2-2)でも、ペナルティーエリア外から左足で弾丸シュートを突き刺している。日本はグループリーグ最終戦でポーランドとの対戦を控えているが、両足にキャノン砲を備えた絶対的エースの一振りに最大限の注意が必要だ。


Football ZONE web編集部)

リトアニア戦で2ゴールを挙げたレバンドフスキ(左)【写真:AP】