パーソルキャリア運営するdodaは6月11日2018年5月転職人倍率をまとめた「doda 転職求人倍率レポート」を発表した。

転職人倍率とは、転職希望者1人に対して、中途採用の人が何件あるかを算出した数値で、今回の調ではホワイトカラー層の転職マーケットにおける需給が明らかになった。

5月転職人倍率は、前+0.04ptポイントの2.40倍だった。人数は前102.2%、前年同111.2%転職希望者数は前100.4%、前年同114.2%という結果だった。

職種別では「販売・サービス系」の人が特に増加

転職するなら今しかない?

業種別にみると「メディア」「融」「メディカル」「メーカー」「小売・外食」「サービス」の人数が伸びた。その中でも、人数の増加が顕著だったのが前111.6%の「融」と前106.0%の「メディカル」だった。

職種別で人数が増加したのは、11職種のうち「営業系」「企画・管理系」「技術系(IT・通信)」「技術系(電気機械)」「技術系(メディカル)」「技術系(化学・食品)」「技術系(建築・土木)」「販売・サービス系」「事務アシスタント系」の9職種となった。前106.4%の「販売・サービス系」、前105.1%の「技術系(建築・土木)」の職種は特に人数を伸ばした。

第二新卒歓迎の人も増加し、転職者のチャンスが広がる

新卒採用がひと段落するタイミング6月以降に、今年度の中途採用活動を開始する企業が多いため5月人数が増加。2008年1月以降の調開始以来の過去最高数値となり、職者としてはより希望の職種につきやすい状況になっている。

今年度の採用を一斉にスタートする企業が4~6月にかけて多く、短期間だが社会人経験のある第二新卒者を歓迎する企業も増加していて、活況を呈している。

更に、上半期中は積極的に採用をする企業が多く、転職市場は活発な状況が続くため、6月以降も人は増え、転職希望者によっては有利な情勢だと予測されている。