右股関節りから復帰、同点で降して勝敗つかず

 ドジャース前田健太投手は13日(日本時間14日)、本拠地レンジャーズ戦で復帰戦のマウンドに上がった。5月29日(同30日)のフィリーズ戦で右股関節のりで降し、故障者リストDL)入りして以来の登板は、5回5安打2失点1奪三振3四球乱闘騒ぎの直後のイニングで2点を失って同点に追いつかれ、5勝はならなかった。

 前田は初回、秋信守を初球の直球で中飛に仕留める。デシールズには変化球が抜けて死球も、マザーラは直球で遊ゴロ。併殺に仕留め、わずか7球で投げ終えた。すると、その裏にターナーが先制のソロ本塁打前田を援護する。

 2回はベルトレを三ゴロ、プロファーを遊飛、ギャロを中飛で3者退。再び7球でこのイニングを投げ終える。ドジャースは2回にも相手のミスから1点を追加。3回は1死からオドルに右前打、2死となってから秋信守四球で2死一、二塁としたが、デシールズは投ゴロに打ち取った。

 3回、ドジャースは2死二塁の好機でヘルナンデスが右前打。しかし、右翼マザーラが好返球を見せる。タイミング全にアウトだったが、二塁走者のケンプはしくタックル。両者はこのプレーを巡ってもみ合いとなり、両軍の選手もベンチから飛び出す乱闘騒ぎとなった。判定はアウトで追加点はならず。ケンプとチリノスの2人は退場となった。

 直後の4回、前田は1死走者なしでベルトレに右中間への二塁打を許す。ベルトレはこれがメジャー通算3090安打マリナーズ会長付き特別補佐に就任したイチロー外野手を抜き、歴代単独21位に浮上。米国出身以外の選手、現役選手でトップに立った。

 続くプロファーにもセンターヒットを浴びると、ベルトレが生還。微妙タイミングドジャースはチャレンジしたが、判定は変わらず1点を返された。さらに、ギャロにも右前打を浴びて2失点。その後も2死一、二塁のピンチを背負ったが、ピッチャーのハメルを二ゴロに仕留めて勝ち越し点は許さなかった。

 5回、前田は先頭・秋信守に初球の直球を捉えられ、フェンス最上部直撃の二塁打とされる。続くデシールズ振り三振マザーラは遊ゴロで2死三塁とするも、ベルトレはフルカウントからの渾身の直球が外にわずかに外れて歩かせ、2死一、三塁とされる。しかし、プロファーはニゴロに仕留めて失点で切り抜けた。

 前田はその裏の攻撃で代打を送られて交代。打線はこの回勝ち越すことはできず、前田はつかなかった。この日は76球を投げてストライクは47球。防御率3.61となった。(Full-Count編集部)

5回2失点でマウンドを降りたドジャース・前田健太【写真:Getty Images】