テレビ朝日系アニメクレヨンしんちゃん』の野原しんのすけ役の声優が発表された。

野原しんのすけ役を新たに演じるのは小林由美子7月6日の放送からしのすけを担当する。小林由美子は『電脳冒険記ウェブダイバー』の結城ケント役、『PEACE MAKER鐵』の市村鉄之助役、『電脳コイル』のアキラ役、『シスター・プリンセス』の衛役、『鬼灯の冷徹』のシロ役などをこれまで担当。1979年生まれ、千葉出身。2000年OVAKIRARA』で声優としてデビューした。

1992年の放送開始当初から野原しんのすけ役を演じてきた矢島晶子は、6月29日の放送を最後に降しんのすけ役をが引き継ぐのかに注が集まっていた。

テレビ朝日オフシャルサイトでは小林由美子コメントが掲載中。「今第一話から『クレヨンしんちゃん』を見直し勉強させていただいている中、この凡人ではとても思い付かないしんちゃん像を作り上げた矢島さんにめて畏怖と尊敬の念でいっぱいです」とコメント。さらに「不足な部分は多々ありますが、『お任せください!』と胸をって言うことが、並々ならぬ思いで、27年という長い間大切に育てていらしたしんちゃんを後に託すご決断をなさった矢島さんとスタッフの皆様、そしてずっと応援してくださっているファンの皆様への礼儀だと思っております。その為にも矢島さんのしんちゃん魂をしっかり学び、一年でもく皆様に慣れ親しんで頂けるしんちゃんになれるよう、日々精進していきたいと思います」と決意を述べている。全文はテレビ朝日オフシャルサイトで確認しよう。

またオフシャルサイトでは小林由美子しんのすけ役に選んだ理由として、「これまで数々のテレビアニメ劇場アニメ海外ドラマ映画吹き替え等で、元気いっぱいの少年正義感あふれる男の子やちょっとドジな男の子、時にはキュート動物キャラクターまで、さまざまな役を、可く、元気に、面みたっぷりに演じてこられた小林さんこそ、これからまた新たなスタートを切る『クレヨンしんちゃん』の主人公野原しんのすけを、明るく、っすぐ、素直に、そして自然に演じていただけると考えてオファーをさせていただき、ご快諾いただきました」と明かしている。

6月29日の放送を最後に野原しんのすけ役を降板する矢島晶子