サッカー日本代表サポティングカンパニー契約を結ぶKDDIは、通信技術で同代表を応援する『au BLUE CHALLENGE』の一環として、代表チームタブレット端末20台を提供したことを明かしました。

ワールドカップ事前合宿地であるオーストリアへ出発する以前に、KDDI橋誠代表取締役社長が、サッカー日本代表西野監督タブレットを贈呈。笑顔を見せながら感謝の言葉を口にした西野監督は、代表チームでの積極的なタブレット活用約束しました。

KDDI提供したタブレットを通じ、「今後、サッカー日本代表に快適な通信環境提供することで、限られた期間で効率的にサッカー日本代表の組織、個人技術を向上させる為の、質の高い練習環境構築に貢献することをします」と、プレー分析や戦略伝達の効率化に寄与するとしています。

昨年12月に行われた『EAFF E-1 サッカー選手2017 決勝大会』(東アジア選手権)では、最新テクノロジーとして約100台のカメラで撮影した自由視点リプレイ映像提供していたKDDI

TVCM |「全アイーダ」篇(Youtube
https://youtu.be/ZavuRos5i5E

ワールドカップ本番を前に、最近では三太郎メンバー松田翔太さん、桐谷健太さん、濱田岳さんらが総出演する応援CM開するなど、代表チームサポートにますます熱を入れています。

日本代表メンバーも贈呈されたタブレット端末でこのCMを見ているのでしょうか。

au BLUE CHALLENGE』公式サイト
https://www.au.com/pr/soccer/

【関連記事】サッカー日本代表の試合中継で「ゲームみたい」なリプレイ映像が話題に スタジアムでも未来を感じるが!
http://getnews.jp/archives/1998814

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』