2018年6月13日日本時間)、E3 2018の会期中に任天堂が配信しているインターネット番組"Nintendo Treehouse: Live E3 2018”に、ゲームフリーク増田順一氏がゲスト出演。その際に『ポケットモンスター Let‘s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』の実機プレイが披露された。本記事では、その映像の中で明かされたいくつかの新要素をピックアップして紹介しよう。

※本記事の画像はすべて、動画からキャプチャーしたものです。
※本記事のゲーム画面は海外版のものです。


【画像62点】「”Nintendo Treehouse:Lie E3 2018” にゲームフリーク増田順一氏が登場! 『ポケモン Let‘s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』実機プレイでわかった情報まとめ【E3 2018】」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

 ニンテンドースイッチにて、2018年11月16日発売予定の『ポケットモンスター Let‘s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』は、1996年に発売された『ポケットモンスター ピカチュウ』をベースにしつつ、新たな遊びかたを体験できる『ポケットモンスターシリーズの最新作だ。2018年5月30日日本で開催された“ポケモン新作発表会”でその存在が初開されたばかりだが、そんな話題作がくもE3 2018会場に初出展されるとあって、現地の任天堂ブースは大きな盛り上がりを見せている。


 さて、そんな『ポケットモンスター Let‘s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』だが、以下では番組で配信されたいくつかのゲーム要素をお伝えするので、チェックしてほしい。


トキワの森で基本操作の解説


 まず、実機プレイ開されたのは“トキワの森”の探索だ。


ニビシティで見える、中の変化


 カントー地方が舞台の本作。配信の中では、ニビシティを見ることができた。変わらない並みのなかでも、本作ならではの要素が追加されている。


通信や『ポケモンGO』との連動について


 本作の通信交換、対戦、そして大きな特徴でもある『ポケモンGO』との連動について、配信内で説明。まずは通信交換ついて、解説された。


続いて、説明されたのが『ポケモンGO』との連動。『ポケモンGO』で捕まえたポケモンを、『ポケットモンスター Let‘s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』に連れてくることができるという。


 また、本作では育成の方法が少し変更されている。オーキド博士ポケモンを送ると、アメがもらえ、それを使用してポケモンを育成できるとのこと。野生ポケモンを捕獲したり、トレーナーバトルするほかにも育成の方法があり、これにより育成の幅が広がるようだ。


 また、『ポケットモンスター Let‘s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』と“モンスタボール Plus”の同梱版の発売も、この日発表された。詳しくはこちらへ。



 最後に、増田氏から「いままで『ポケットモンスターシリーズを遊んでくれていたファン、そして『ポケモンGO』で新しくポケモンを知ってくれた人が、いっしょになってポケモンを盛り上げ、"みんなのポケモン"というように楽しんでもらえたらと思っています」とメッセージがあった。

 以上が、増田氏がゲスト出演した“Nintendo Treehouse: Live”で確認できた『ポケットモンスター Let‘s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』の新情報だ。詳細は、実際の配信の様子を確認してほしい。今回の配信で、より『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』の新たな魅が伝わったことだろう。ちなみに、本作の予約は2018年7月13日)からスタート。発売まであと5かだが、さらなる新情報を楽しみに待とう!





(C)2018 Pokemon. (C)1995-2018 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスターポケモン・Pokemon・モンスターボール任天堂クリーチャーズゲームフリークの登録商標です。