女優黒柳徹子さん(84)が、ニューヨーク留学中の38歳のときの写真インスタグラム開し、「今でも通用する美しさ」と絶賛のが寄せられている。

現地では、結婚も申し込まれていたというのだ。

別れが辛かったが、「結局、私は仕事を選んだ」

まるでホテルの客室のようなこぎれいな部屋で、タマネギヘアのさんがアームチェアの座面にしゃがんでいる。物思いにふけっているらしく、潤んだ瞳が印的だ。

この写真アップしたインスタ2018年6月13日さんは、演劇学校に通った時代のことを感慨深げに振り返った。ディナーに招かれたり多忙な毎日だったが、そんな中でも将来のことを考えていたそうだ。

何人かの女優からアドバイスを受けながらも、2年ぐらいは勉強に励む覚悟だった。しかし、テレビ朝日から、新しく始まる「ニュースショー」の会者になるよう説得され、「新しい分野で仕事をしてみるのもいいかも」と留学を1年で切り上げて1973年日本に帰った。

そのとき、さんは、ある男性から結婚も申し込まれていた。別れが辛かったが、将来を考えて重い決断をしたという。「結局、私は仕事を選んだということになるのだろうか」とさんは振り返っている。

インスタコメント欄では、さんの生き方に感銘を受けたとのが多く、「素敵すぎる」「カッコ良いです」「胸に刺さりました」と書き込まれている。また、投稿写真についても、「38!!!みえない!」「かわいい」「今でも通用する美しさ 魅的だなー」などと驚くが上がっていた。

38歳には見えないと美貌に驚きの声