2018年6月12日~14日(現地時間)、アメリカロサンゼルスで開催されているE3 2018。会期2日となる13日、カプコンブースにてユーザー参加による『モンスターハンター:ワールド』のタイムアタックイベントが実施され、プロデューサー辻本良三氏と、エグゼクティブ・ ディレクターアートディレクター藤岡要氏も姿を見せた。


【画像19点】「『モンスターハンター:ワールド』北米大会開催決定! タイムアタックイベントに辻本氏と藤岡氏が登壇【E3 2018】」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

 すべてのタイムアタックが終わると、その模様をずっと見守っていた辻本氏と藤岡氏が檀上へ。参加チームに記念品を、優勝チームに表楯を授与した。


 表式を終えると、辻本氏より発表があると宣言が。続いて北初の公式大会となる“モンスターハンター:ワールド USA CHAMPIONSHIP”の実施が告知されると、会場から拍手と歓が巻き起こった。なお本大会は今サンフランシスコで開催予定。レギレーションなど詳細は今後発表とのこと。


 イベント終了後、北での大会開催にはどういう経緯や狙いがあるのか、辻本氏と藤岡氏からコメントをいただいた。

「『モンスターハンター:ワールド』については、当初から“できるだけ大会をやりたい”という気持ちがありました。日本での“狩王決定戦”があるためスケジュールはきびしかったのですが、海外の多くのファンへ向けてなんとか公式大会をやりたかった。アジア大会7月1日韓国8月5日台湾8月19日香港でそれぞれ開催)、そして今回発表した北大会で、それが実現します。日本以外で公式大会を開催するのは初めての試みなので、手探りではあるのですが、まずは“始めること”が大事。このE3 2018でのタイムアタックでもノウハウを積みましたので、これから開催へ向けて内容を詰めていきます」辻本氏)

「これまで『モンスターハンター:ワールド』をグロバルで展開してきて、各地域で盛り上がりを実感しています。海外の一部ユーザーが自分たちでタイムアタックをやって、それが広がりを見せていたりと、熱を感じるんですよね。そういう盛り上がりに応えるために、海外でも公式イベントをやりたくて、調整を重ね、今回の実施発表となりました。北は広いので、サンフランシスコで1日のみの開催という点は心苦しいんですけど、まずは一歩。ここからまた、大きなことができるようになればいいなと思っています」藤岡氏)