大会2日ビッグマッチに割り当て、イタリアトリオサポート

 ロシアワールドカップW杯)本大会の2日で最大の注カードとなるポルトガルスペインの一戦に、日本人審判団も関わることになった。国際サッカー連盟FIFA)が、15日の試合までの審判団割り当てを発表した。

 グループBの初戦となるポルトガルスペインは、優勝補同士のゲームであり、イベリア半島ライバル対決でもある注の一戦だ。それに加え、スペインはこのゲームからわずか2日前に監督交代を決断し、世界中に衝撃を与えた。

 FIFAの発表では、この試合を裁くのはイタリアトリオとなった。審にジャンルカ・ロッキ氏、副審がエレニート・ディ・リベラトーレ氏とマウロ・トノリーニ氏が任命された。そして、試合中のベンチコトロール審のリザーブとなる第4審判佐藤治氏、同様の役割や交代の補助と副審のリザーブとなる第5審判には相氏が任命された。

 日本からはこの両名に加えて山内志氏が副審として審判団に加わっているが、くも2名には本大会のジャッジに関わる機会が注カードで与えられた。前回大会では開幕戦で西村雄一審ら日本人トリオ名されたことが話題を呼んだが、今回は各グループ初戦の中でもビッグマッチとなる一戦に、日本人審判名されたことになる。

 FIFAは大会中の各試合の審判48時間前、ビデオアシスタントフェリー(VAR)の担当は24時間前までに発表するとアナウンスした。19日にコロンビアとの初戦を迎える日本代表チームより一足先に出番となった佐藤氏と相氏は、熱必至の一戦でイタリアトリオサポートすることがめられる。


Football ZONE web編集部)

ポルトガル対スペインに佐藤氏(右)が第4審判、相樂氏(左)が第5審判を担当【写真:Getty Images】