「4番・DH」で出場し、オリックス松葉から左翼へ運ぶ

 右膝痛などで離脱中のソフトバンク内川聖一内野手が14日、タマス筑後で行われたウエスタリーグオリックス戦で実戦復帰し、いきなり本塁打を放った。

 「4番・DH」でスタメン出場した内川。第1打席は右飛に終わったが、4回裏に迎えた第2打席でオリックス先発松葉変化球をうまくとらえ、レフトへの本塁打を放った。内川はこの日が復帰初戦。この日はDHとして出場したが、15日の試合では守備にもつく予定だ。(一都 / Kazuto Fujiura

ソフトバンク・内川聖一【写真:藤浦一都】