5月24日日本ハム戦で延長12回に劇的一打

 ロッテ清田育宏外野手5月度の「スカパー!サヨナラ賞」を初受賞した。

 5月24日日本ハム戦(ZOZOマリン)。6-6で迎えた延長12回2死一、三塁の場面で、カウント3-1からの5球左前へ運び、劇的なサヨナラ安打となった。

 サヨナラ打は2016年5月7日オリックス戦)、2017年5月26日オリックス戦)以来3本スカパーJSATからトロフィーと賞30万円を贈られた。

 13日のDeNA戦でも5回2死満塁で決定的な中前2点適時打など3打点を挙げ、勝負強さを見せている清田は「チャンスで回してもらったチームみんなのおかげ。あの(サヨナラの)場面は、四球もあるかと思ったが、少々ボール球でもいいと思って打った」とナイン感謝していた。(細野功 / Yoshinori Hosono

ロッテの清田育宏が5月度の「スカパー!サヨナラ賞」を初受賞【写真:細野能功】