バイエルンに所属するドイツ代表DFジェローム・ボアテングが、2018 FIFAワールドカップ ロシア終了後に同クラブを退団する可性があるようだ。ドイツ誌『Kicker』日本語版が13日に報じている。

 報道によると、ボアテングは2017-18シーズンブンデスリーガ終了後、外移籍を視野に入れていることを明かしていたという。バイエルンカールハインツ・ルンメニゲCEOは「基本的にそれがないというわけではない。彼の代理人も私に示唆している」とコメント。代理人を務めるクリスチャンネルリンガー氏がクラブ側に移籍の可性を伝えているようだ。

 なお、バイエルンとボアテングとの現行契約2021年まで残っているため、移籍成立に向けたキーポイントは移籍額だ。ルンメニゲCEOは同選手の放出に応じる条件について「それを隠すようなことはしないよ。ただ、決して安い額ではないがね」とっているという。

 ボアテングは1988年まれの29歳。ヘルタ・ベルリンハンブルガーSV、マンチェスター・Cと渡り歩き、2011年からバイエルンプレーしている。2017-18シーズンは負傷の影もあり、ブンデスリーガでは全34試合中19試合の出場にとどまり、全公式戦の4割以上の試合を欠場した。

ロシアW杯に臨むドイツ代表のボアテング [写真]=Getty Images