わかめ3.5倍ってどういうこと?

エースコックの新商品「EDGE×わかめラーメン 35周年なのでわかめ3.5倍」ネット上で話題を呼んでいる。

わかめラーメン」は1983年に販売開始され、今年で35年を迎えるロングセラー商品。6月11日に発売された今回の商品は、35周年記念にちなんで、従来商品より「3.5倍」のわかめが入っている。

実際に食べた人からは、ツイッターで「エースコック、バカだろwww」「わかめ減らねえ」「麺が見えねえええー!!」など称賛のが寄せられている。実際どんなのものなのか。キャリコニュース編集部も食べてみた

お湯を注いだ間からブワッと磯の香り わかめが多すぎて麺を掴むのが困難

かやくを入れた状態

わかめ3.5倍シリーズからは「ごま・しょうゆ」「ごま・みそ」の2種類が販売されており、今回筆者は「ごま・しょうゆ」をチョイス小学生の頃、学校から帰ってきた土曜によく食べていた商品だ。

全体量は従来商品・3.5倍ともに93ラムだが、麺は従来商品(64ラム)が3.5倍(60ラム)より4グラム多かった。その分、わかめが増量されていると思われる。また、容器には大盛りサイズが使用されており、カップには「わかめが多すぎるので大盛りの容器を使用します」「わかめ足りてました?」と記載されている。

お湯を入れて3分後

蓋をめくった時点では、わかめの多さはあまり感じられない。しかしかやくを入れてお湯を注いた間、磯の香りがぶわっと漂った。わかめすごい。待つこと3分。蓋を開けると、一面のわかめ。もはや麺が見えない。

この量。

わかめを別皿に分けて容器の横に置くと、大盛りカップ普通サイズに見えるほどの量に思える。わかめと、スープ等を入れて食べようとするが、箸で掴んだものはほぼわかめ。麺を掴むことが難しく感じられた。

サラダを食べた気になれるカップ麺 こんなにわかめを摂取できて200円

筆者(26歳女性)は普段食いの気があり、カップ麺は5分以内で食べてしまう。しかしわかめの量とそれに伴う噛みごたえアップで、自然噛む回数が増える。麺だけ食べると物足りなさを感じるため、わかめと麺を一緒に食べていく。

麺をつかもうとしてもわかめ過多になった

それでも中々減らないわかめ。先に麺がなくなってしまうほどだった。筆者はカレー牛丼を食べると必ずルーやアタマが先になくなるので、ずっとトッピングのわかめが食べられるのが嬉しかった。

当初はここまでわかめが多いと飽きるのでは、と危惧していたが、かやくのごまやコーンがアクセントとなって箸が進む。スープ醤油ベースでいりこやなどの魚介旨味が加えられたしっかりした味付けで、休みの身体にしみる。別添スパイスは自分好みで少しずつ足していくのがオススメだ。

結局、10分えで食したが、満腹度合いがすごい。それでも「わかめを食べた」という印が強いため、ヘルシーな食事をした気がする。カップ麺を食べる時にありがちな罪悪感がまったくなかった。それなのに袋の満足度としては大盛りラーメンを食べた上で、大盛りサラダを食べた気分だ。

値段は通常商品が180円(税抜)なのに対し、3.5倍は200円(税抜)。20円でここまでわかめを堪できることに「35周年記念」の懐の広さが感じる。またカロリーは通常商品が347キロカロリーなのに対し、3.5倍は329ロカロリーとなっている。

またカルシウム量は従来品が196ミリラムなのに対し、3.5倍は347ミリラム厚労省によると成人のカルシウム推定均必要量は1日500~600ミリラムなので、1日に必要なカルシウムの半分以上が含まれているといえる。

アラサー女子食で栄養面と銭面を気にしがちだが、「サラダを購入する必要はない」と思ってしまったほどのわかめ量で、かつ財布にも優しい。ぜひ一度、3.5倍わかめラーメンを体感していただきたい。

おいしく頂きました