JTBグループ旅行ライフスタイル情報提供する株式会社JTBパブリシング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長今井敏行、以下JTBパブリシング)と株式会社マリーナホッププロパティ(本社:広島県広島市、代表取締役社長:坂根紳也、以下マリーナホッププロパティ)とは、『よぐ大人マチ 広島マリーナホップ』(以下、マリーナホップ)内に約300坪の大飲食施設『マリフードホール by るるぶキッチン』を2018年7月6日()にオープンいたします。

広島マリーナホップ公式サイト
http://www.marinahop.com/

■editor's fav『るるぶキッチン』公式サイト
https://jtbpublishing.co.jp/service/rurubukitchen.html


■『マリフードホール by るるぶキッチン』について
マリフードホール by るるぶキッチン』は、中国四国エリア最大級となる本格的なフードホールとしての機だけでなく、瀬戸内美しい色を眺めながら食を通じて観光行動に寄与する『フードツーリズム』の誘発機を兼ね備えた、まったく新しい飲食施設となります。

今回のオープンに当たり、マリーナホッププロパティは、店舗の運営管理および広報・販促活動、他のテナントなどと連動したサービスコンテンツの実施を行ない、JTBパブリシング運営アドバイザーとして地方自治体の食材紹介や『るるぶ』プロデュースによるメニュー提案を行ってまいります。
外観
内観
美しいマリーナと瀬戸内の景色


従来の飲食施設とは異なる、3つの特徴
1.ニューヨーク発の飲食スタイル“FOOD HALL(フードホール)”
フードホールニューヨークから始まった最先端の飲食スタイルです。広く上質な屋内間で素材
や調理方法にこだわった料理家族仲間と一緒に楽しむとともに、食にまつわるストーリーやワ
ークショップなど、味と一緒に情報も楽しむことができます。当施設では、大プロジェクター
よるスポーツ観戦やステージ上での音楽ライブなど、様々なイベント開催も予定しています。

2.食を通じて観光行動に寄与する『フードツーリズム』機
広島をはじめ、全の魅的な料理を食べるだけではなく、生産者や現地の方の、その土地や周辺地域の観光情報をあわせて楽しむことができます。また、フードホール内では全各地の旅行情報誌『るるぶ情報版』を自由に閲覧でき、地域の食を楽しみながら旅行の計画などを立てていただくなど、店舗そのものが旅行情報発信地としての役割を担います。

3.『るるぶ』プロデュースによる“特集メニュー
フードホール」としては中国四国エリア最大級の約300坪の店内は、オープンサンドシーフード料理アジア料理、そばBAR鉄板料理カフェの6つの店舗で構成されています。カフェを除く5つの店舗では、『るるぶ』編集者して見つけた広島県内の食材や全の食材を活用した“特集メニュー”を提供します。メニュー内容は定期的に入れ替わるので、来店の度に地域や食との新しい出会いをお楽しみいただけます。

広島県産や全の“おいしい”食材を使用したメニュー
<MENU一例>
オープンサンド
広島ローストビーフサンド
特徴:広島牛肉を低温調理して柔らかく仕上げた、絶品ローストビーフオープンサンドです
シーフード料理
瀬戸内の幸のパエリア
特徴:濃厚海老だしで炊いており、瀬戸内の幸をたっぷりお楽しみいただけます
アジア料理
鶏肉バジル炒めご飯
特徴:タイ料理定番のガパオライスは、お子様にも人気の一品です
【そばBAR
蕎麦切り>
特徴:ごたえのある食感と、つるつるとした舌触りがクセになる信州そばです
鉄板料理
<こだわり農家野菜グリル>※3
特徴:広島のこだわり農家さんから届いた新鮮で旬の野菜を丁寧にグリル野菜の旨みがつまっています
広島和牛のローストビーフサンド
瀬戸内海の幸のパエリア
こだわり農家の野菜グリル

<店舗施設概要
【店名】『マリフードホール by るるぶキッチン』
【住所】広島県広島市西区観音新町4-14
電話】082-231-48487月6日開通予定)
オープン日】2018年7月6日()
面積】995.23メートル301.05坪)
【席数】302
【店舗数】6店舗(オープンサンドシーフード料理アジア料理、そばBAR鉄板料理カフェ



<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社JTBパブリシング 
マーケティング本部(広報担当:堀江
TEL:03-6888-7806
E-mail:pr-team@rurubu.ne.jp

配信元企業株式会社JTBパブリシング

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ