日本郵便JR東日本は、郵便局口業務一体化や、流通ネットワークの共有を図る。

地方では、郵便局舎の舎内への移転なども含め、郵便局口業務と口業務を一体運営できるよう検討していく。

また都市部では、まず立川駅キュート立川3階に、郵便局口業務の融コンサルティングに特化した新しい形態の店舗を設置する。

さらに、日本郵便の運送ネットワーク新幹線活用し、仙台エリアの農産物を収穫当日に東京駅仙台駅で販売していく。