オムニバス映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』(6月22日開)のうちの2編「アエイオウ」「Kuu」の場面写真開された。前者では、EXILE / GENERATIONS from EXILE TRIBE)が演を務め、悩める若き自衛官にふんする。

 「アエイオウ」は、自衛官のひかる)が第三次世界大戦の開戦を阻止すべく特命任務に抜され、“最果ての地”と呼ばれる場所で真実を探しめる物語開された場面写真では、開戦が迫る現在と穏やかな日常過去が対されており、人の知和(木下あかり)とカフェにいるリラックスしたひかるの表情と、自衛官としての姿とのギャップが印的だ。また、暗い場所で膝を抱える姿を捉えた写真もあり、彼の身に何が起こったのか、物語の展開が気になるところ。

 あわせて場面写真開になったのは、E-girls石井奈、山口坂東希が演する「Kuu」。物語は、石井演じるアンが、何者かに追われるうちに辿り着いた渓谷で“自分とは異なる人々”のハナ山口)とテン(坂東)と遭遇し、非言の対話を試みるというもの。場面写真では、対アン見つめて身体を大きく動かして対話を試みるハナとテン、怪をしたアンを支える2人の男性の姿などが写し出されている。撮影は氷点下近い極寒川辺で行われたということで、渓谷の壮大な観美も垣間見ることができる。

Kuu」場面写真 - (C) 2018 CINEMA FIGHTERS

 『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』は、LDH JAPAN所属アーティストの新曲の世界観を表現した6エピソードで構成される短編映画プロジェクトの第2弾。エグゼクティプロデューサーEXILEHIRO企画プロデュースを別所哲也が担当する。「アエイオウ」では『0.5ミリ』などの安藤桃子監督、「Kuu」では『663114』でベルリン国際映画祭Special Mention を受賞した平林監督メガホンを取った。そのほか、石井裕也松永Yuki Saito、岸本監督を務め、出演者には、TAKAHIRO岩田剛典、青柳山下二郎LDH JAPAN 所属アーティストと、塚本也、夏帆麻生美子ら多キャストが名を連ねる。(編集部・大内

自衛官を演じる白濱亜嵐 - (C) 2018 CINEMA FIGHTERS