2018年6月14日マウスコンピューターは,ゲーマー向けPCブランドG-Tune」のミニタワーモデルNEXTGEAR-MICRO」における筐体の刷新を発表した。
 ゲーマーの意見を基に,従来モデルにおける丸みのある前面デザインシンプルかつ落ち着いたデザインへ変更し,合わせて底面吸気による効率的な冷却系を実現したとのこと。合わせて本体前面にHDMI Type-A出を引き出せるようにし,かつ部をらにすることで,VR対応ヘッドマウントディスプレイ(以下,VR HMD)の取り回しなどを行いやすくしているという。


 底面吸気を体とする冷却系の採用にあたっては,底面にマグネット式のダストフィルターを標準搭載し,簡単に洗いできるようにしてある。合わせて本体向かって右側面の吸気孔も冷却に活用しているという。
 本体向かって左は「G-Tune」のロゴが躍るシンプルな側となるが,最上モデルでは強化ガラスを採用し,さらに内部を照らすLEDイルミネーション付きファンも搭載しているというあたりは,とてもイマドキの仕様と言えそうだ。



 新筐体採用モデル第1弾の製品名とスペック,BTO標準構成価格は以下のとおり。とりあえず一番下と一番上が出てきた巻があるので,今後,中間モデルも出てくるのではなかろうか。

NEXTGEAR-MICRO im610BA1-TV
CPUCore i5-8400,メインメモリPC4-19200 DDR4 SDRAM 8GB×1,GPUGeForce GTX 1050 2GB,ストレージ:HDD 1TBSerial ATA 6Gbps),BTO標準構成価格:8万9800円(税込9万6984円
NEXTGEAR-MICRO im610PA1-SP
CPUCore i7-8700K,メインメモリPC4-19200 DDR4 SDRAM 16GB×2,GPUGeForce GTX 1080 Ti,ストレージ:SSD 512GBPCI Express x4)&HDD 2TBSerial ATA 6Gbps),BTO標準構成価格:289800円(税込312984円


リンクG-TuneのNEXTGEAR-MICRO im610シリーズ製品情報ページ
リンクマウスコンピューター公式Webサイト


 以下,リリースより 
G-Tune、「NEXTGEAR-MICRO」シリーズリニューアルゲーマーへのアンケートをもとに新シャーシを設計〜フロントインターフェースHDMIを配置しVR機器接続も簡単〜

 株式会社マウスコンピューター(代表取締役社長小松永門、本社:東京都、以下「マウスコンピューター」)は、ゲーミングパソコンブランドG-Tune」より、ゲーマーの意見を取り入れてデザインを刷新した「NEXTGEAR-MICRO im610シリーズ」を販売開始します。本シリーズフラグシップモデルとして通常のサイドネルから強化ガラスサイドネルと、パソコンを鮮やかにLEDケースファンを搭載した「NEXTGEAR-MICRO im610PA1-SP」が用意されています。

 本シリーズリニューアルするにあたり、最も重要視したのはゲーミングパソコンをさまざまなシーンで使用するゲーマーの方々のでした。ゲーマーの方々に新シャーシデザインアンケートを行い、要望をまとめた結果生まれたのが今回のモデルになります。外観はシンプルシルエットに、マット仕上げを施した落ち着いたデザインを採用しました。ゲーミングデバイスを気軽に置けるよう面に仕上げています。また、フロントインターフェースHDMIを用意することで、外付けキャプチャーボードVRデバイスなどの周辺機器の接続がしやすくなり、容易にゲーム配信やVR環境を整えられます。

 「NEXTGEAR-MICRO im610シリーズ」は8万9800円(税別)より、複数のラインアップえています。
 代表例として、強化ガラスサイドネルLEDファンを搭載したフラグシップモデルNEXTGEAR-MICRO im610PA1-SP」を、289800円(税別)にて販売いたします。
 製品の販売は、G-Tune ホームページ電話通販口、マウスコンピューターダイレクトショップG-Tune : Garage 各店にて開始いたします。

G-Tuneホームページhttps://www.g-tune.jp/
製品ページhttps://www.g-tune.jp/desktop/nextgear_micro_b360/

■製品特長
ゲーマーの意見により生まれたシンプルかつフラットデザイン
 最新のニーズに合わせたシャーシを用意する際に、最も重要視したのはゲーミングパソコンをさまざまなシーンで使用するゲーマーの方々のでした。そこでG-Tuneスポンサードを行っているプロゲーミングチームTeam:GODSGARDEN」を通してゲーマーの方々に新シャーシのアンケートを行い、要望をまとめた結果生まれたのが今回のモデルになります。
 外観はシンプルシルエットに、マット仕上げを施した落ち着いたデザインを採用しました。ゲーミングデバイスを気軽に置けるよう面になっております。


自然空気の流れを利用した高効率エアフローを実現
 従来の前面吸気から、空気の流れに合わせた底面吸気に刷新しています。ケース底面の大吸気口から外気を取り込み、発熱の大きなグラフィックスカードをダイレクトに冷却しながら、 暖かい空気リアから排出する効率的なエアフローを実現しました。底面の大吸気口には洗い可な「マグネットダストフィルター」が装着されていますので、簡単にフィルターメンテナンスすることが可です。
洗いをしたのちは十分に燥させてからご利用ください。



■強化ガラスサイドネルが演出する個性と機
 本シリーズ最上モデルである「NEXTGEAR-MICRO im610PA1-SP」は標準で強化ガラスサイドネルを搭載しております。 美しい外観だけではなく、内部パーツカスタムアレンジなども「魅せる」ドレスアップとして内部パーツをより際立たせる「LEDケースファン」が搭載されています。
 また、ガラスサイドネルは上部のアタッチメントによりワンプッシュで簡単にオープンすることが可で、メンテナンス性も大幅に向上します。


VRバーチャルリアリティ)体験を快適に!
 ゲーマーの方々へのアンケート結果より、デスクトップパソコンは床上に設置されることの多い事を踏まえ、フロント上段のインターフェースの設置面に傾斜をつけることでデバイスの接続が簡単にできる構造を採用しました。
 また、ゲーム配信用の外付けキャプチャーボードや、VR向けヘッドマウントディスプレイで使用する事が多い、HDMI端子をケースフロントに搭載しています。これにより、毎回パソコンの背面にケーブルを接続する煩わしさから解放されました。
フロントHDMI端子はケース背面のHDMIケーブルを搭載しているグラフィックスのHDMI端子に接続をすることで使用可となります。


■大切なパーツを安心固定「グラフィックスカードホルダー」
 ゲーミングパソコンで重要なグラフィックスカードは、運送時の衝撃やグラフィックスカード自身の重量によるひずみで破損や接触不良が発生する場合があります。
 本シリーズでは「グラフィックスカードホルダー」を搭載することで、グラフィックスカードを安定して支えることで破損のリスク減らし、ひずみを防止しています。


■ストレージベイを上段に集約し、ケース内のエアフローを向上させたパーツ配置
 ストレージベイは最大3.5×1基と2.5×2基を搭載可となります。パソコン内部の容積を圧迫しやすいストレージベイをケース上部に集約することで、ケーブルネジメント機構を備えたケースが実現する整然としたケーブル配置でスムーズエアフロー環境を整えました。


■電ユニットを上段配置することで排気をスムーズ
 電ユニットケース上段に配置することで熱となるパーツの間隔を離し、ケース内の暖かい空気自然な流れで排気します。


■24時間 365電話サポートで安心をフルサポート
 ご購入から 1年間、修理と 24時間の電話サポートサービスをお付けしています。ご購入後もお客さまのパソコンのある生活を万全な体制でバックアップします。(弊社の定めるメンテナンス日を除く。)

■製品仕様
※1 使用しているマザーボードおよびカスタマイズ内容により変動します。きベイ/スロットについては、標準構成に準じます。
※2 ケース前面のHDMI端子を使用される場合は、ケース背面のHDMIケーブルグラフィックスのHDMI端子に接続してご使用ください。
※3 下段のスロットは×4動作となります。



―――――――――――――――――――――――――――――
記事URLhttps://www.4gamer.net/games/026/G002654/20180614044/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
―――――――――――――――――――――――――――――
関連タイトル
HARDWARE G-Tune

―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2018 Aetas, Inc. All rights reserved.

G-TuneがミニタワーゲームPCを刷新。新筐体は冷却能力とフロントHDMI出力にこだわり,オプションで側面ガラスパネルも用意