前田は5回5安打2失点、3回に乱闘ケンプとチリノスの2人が退場に

 ドジャース前田健太投手は13日(日本時間14日)、本拠地レンジャーズ戦で復帰戦のマウンドに上がった。5月29日(同30日)のフィリーズ戦で右股関節のりで降し、故障者リストDL)入りして以来の登板は、5回5安打2失点1奪三振3四球で勝敗はつかず。乱闘騒ぎ直後で球場が騒然とする中、3連打で2点を失って5勝はならなかった。ドジャースは3-2でサヨナラ勝ちし、3連勝を飾った。

 前田は初回、2回といずれも7球で片付ける好スタート打線も1回裏にターナーが先制のソロ弾、2回にも相手のミスから1点を奪い、2点をリードした。前田は3回は2死一、二塁のピンチを背負うも、デシールズは投ゴロに打ち取った。

 ドジャースは3回も2死二塁と得点機を作る。ここでヘルナンデスが右前打。しかし、右翼マザーラの好返球で、二塁走者ケンプは全にアウトタイミング本塁へ。そして、捕手チリノスにしくタックルした。両者は一の間の後にもみ合いとなり、両軍の選手もベンチから飛び出す乱闘騒ぎに。ケンプとチリノスの2人は退場。ケンプはアウトドジャースは追加点を奪えなかった。

 直後の4回、球場が騒然とする中でマウンドに上がった前田は1死走者なしからベルトレに右中間への二塁打を浴びる。ベルトレはこれがメジャー通算3090安打で、イチロー3089安打)を抜いて米国出身以外の選手、現役選手で単独1位となった。

 前田は続くプロファー、ギャロにタイムリーを浴びて、3連打で2失点。同点に追いつかれたものの、その後の2死一、二塁のピンチではピッチャーのハメルを二ゴロに仕留めた。5回は先頭・秋信守にフェンス最上部直撃の二塁打を浴び、2死一、三塁とされるも、プロファーはニゴロに仕留めて失点で切り抜けた。

 その裏の攻撃で代打を送られて交代し、はつかず。ドジャースは延長11回、1死満塁の場面でバーンズが投ゴロも、ブッシュ送球が逸れて三塁走者のヘルナンデスが生還。レンジャーズはチャレンジするも判定は覆らず、ブッシュ失策で決着がつく形となった。

 前田はこの日、76球を投げてストライクは47球。4勝4敗のままで、防御率3.61となった。(Full-Count編集部)

5回2失点と粘投したドジャース・前田健太【写真:Getty Images】