オムニバス映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』から新たな場面写真開された。

開されたのは、EXILE、GENERATIONS from EXILE TRIBE)演の『アエイオウ』と、E-girls石井奈、山口坂東希が出演する『Kuu』の場面写真

安藤桃子監督メガホンを取った『アエイオウ』は、演じる若き自衛官・ひかるが、第三次世界大戦の開戦を阻止する特命任務を受け、「最果ての地」と呼ばれる場所で真実を探す物語。開戦が迫る「現在」と人と過ごした「過去」の2つの時間軸でストーリーが展開する。場面写真では「最果ての地」の見り台にいる現在ひかるの姿や、木下あかり演じる人とひかるカフェお茶をしている過去シーンが確認できる。

セリフが一切ない『Kuu』は平林勇の監督作。石井演じるアンが何者かに追われて辿り着いた深いで、山口演じるハナ坂東演じるテンという「自分とは違う人々」に遭遇し、互いに対話を試みるというあらすじだ。開された場面写真には、対アンを見つめ、身体を動かして対話をしようとするハナとテンの姿や、怪を追ったアンの様子などが写し出されている。

『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』は6月22日から開。『アエイオウ』『Kuu』に加えて、石井裕也監督の『ファンキー』、松永監督『カナリア』Yuki Saito監督の『Our Birthday』、岸本監督の『幻の果て』の6つの短編作品で構成される。

『アエイオウ』 ©2018 CINEMA FIGHTERS