デジタルハリウッド(専門スクール)の東京本校では、2017年より、各業界にまたがる一流の「モノヅクリ人」を招き、“これからの人間には、クリエティブであることしかめられない”をテーマに講義を展開した「EAT creative program」を展開しています。
昨年は、ファッション音楽ジャーナリズム、科学など、さまざまな産業を横断するエバンジェリストゲストに招き、その思考や、未来に必要とされる仕事クリエイターとして生き残る術について講義を展開しました。
今年の「EAT creative program」では、“クリエティブであることしかめられない”の言葉の意味をより深く問う、“UXデザイン”にフォーカスをした3つの特別授業をおこないます。

 IT関連及びデジタルコンテンツの人材育成スクール[デジタルハリウッド] では、『デザインテクノロジー活用できる本質的なクリエイター育成』を掲げています。

 2017年、各業界にまたがる一流の「モノヅクリ人」を招き、“これからの人間には、クリエティブであることしかめられない”をテーマに講義を展開した「EAT creative program」。

 ファッション音楽ジャーナリズム、科学など、さまざまな産業を横断するエバンジェリストゲストに招き、その思考や、未来に必要とされる仕事クリエイターとして生き残る術について講義を展開しました。

 2018年の「EAT creative program」では、“クリエティブであることしかめられない”の言葉の意味をより深く問う、“UXデザイン”にフォーカスをした3つの特別授業を展開します。


 “UXデザイン”を軸に、常に未来を定義して進み続ける企業より新しい価値を模索、社会に発信しているトップクリエイターをお招きし、“これからの人間には、クリエティブであることしかめられない”をより真剣に考える講義を展開いたします。


■授業概要

【フリマアプリ × UX宮田大督氏(株式会社メルペイ)
メルカリグループにおけるUXデザインの取り組み
~1億ダウンロードメルカリユーザリティテストを大切にする理由~
2018年7月26日(木)19:302130


2013年7月アプリリリース以降、現在では日英通算1億ダウンロードを突破した日本最大のフリマアプリメルカリ」。ほぼ毎週ユーザリティテストを行うといいます。2015年よりプロデューサーとしてメルカリに入社し、US版、JP版とUI/UX善に関ってきた宮田大督氏を迎え、ユーザリティテストユーザー調をどのようにサービス善に活かしてきたか、っていただきます。

宮田大督氏(株式会社メルペイ)

慶應義塾大学大学院 メディアデザイン専攻卒業後、2008 年にNTTコミュニケーション株式会社に入社し、新規事業開発等を担当。2012年楽天株式会社へ入社。市場トラベルなど様々な既存サービスや、新規サービス立ち上げにおけるUI/UX善を行う。 2015年よりプロデューサーとしてメルカリに入社。UI/UX善をメイン業務とし、US版を2年、JP版を1年担当。同時に、毎週行うユーザリティテストの実施など、メルカリ全体としてUI/UX善の仕組みづくりを行う。2018年4月より、メルペイに出向、新しいプロダクトの立ち上げにおける、UX向上の仕組みづくりやディレクション業務に取り組んでいる。

https://www.merpay.com/jp/


GAME × UX川島優志氏(Niantic, Inc.)
地球上をゲーム盤にした今までにないUX
~『Ingress』や『ポケモンGO』にみる人を巻き込むことができるデザインとは~
2018年8月9日(木)19:302130


GPSAR活用することで、現実世界ゲームの舞台にする『Ingress』や『ポケモン GO』。
ゲームは室内で行うもの」という概念を覆し、人々が屋外に繰り出し、公園などに集まる様子は社会にもなりました。
UX/Visual DesignerであるNiantic, Inc.のアジア統括本部長兼エグゼクティプロデューサー川島優志氏に、多くの人を巻き込むことができるデザインが持つパワーについてお話を伺います。

川島優志氏(Niantic, Inc.)

2007年Googleウェブマスターとして入社。日本人として世界で初めてGoogleホリデーロゴデザイン2013年、当時社内スタートアップであったNiantic LabsにUX/Visual Designerとして参画し、Ingressビジュアル及びUXデザインを担当。2015年10月Niantic, Inc.設立と同時に、アジア統括本部長に就任し、現在はエグゼクティプロデューサーも兼任する。『ポケモン GO』では、開発プロジェクトの立ち上げを担当した。 

https://www.nianticlabs.com/


【モビリティ× UX天野成章氏(トヨタ未来プロジェクト室)
都市の移動を自由にするUX
~ “思いがけない出会いや発見をもたらしてくれる”パーソナルモビリティとは~
2018年9月6日(木)19:302130


トヨタ自動車会社からモビリティカンパニーへと変革をす中、ヒトの移動を豊かにし、生活をもっと便利にするための様々な企画・実を進めている「未来プロジェクト室」。未来プロジェクト室では、新しいモビリティだけでなく、モビリティを軸とした新しいユーザー体験を考え、一般生活者とともに未来のモビリティやモビリティサービスの可性を追求する組織です。今回はその中でも「パーソナルモビリティ」を題材に、どう「都市の移動体験」をデザインしたかを紹介いただきます。

天野成章氏(トヨタ未来プロジェクト室)

2003年トヨタ入社、内販売事業~労務人事など要部門を経験後、2017年未来プロジェクト室エグゼキューショングループ長に就任。未来プロジェクト室はトヨタ直轄の組織として、東京表参道に単独でオフィスを構え、人々の「移動総量」を増やすために、世の中の一歩先を創っていく」ことをミッションに活動中。天野氏は、その組織のリーダーとして、「生活者視点」でステークホルダーと「共創」し、自らが「試す」、トヨタの様々な未来につながるプロジェクトを牽引中。

https://openroad-project.com/


尚、本特別授業は、デジタルハリウッド東京本校の本科・専科の全受講生は無料で受講ができます。


■EAT creative programコース

<<本科>>
デジタルハリウッド最高峰のフラッグシップコース(1年間/週末1日+平日平日週4日全日/社会人ダブルスクール可)の下記3専攻が対。[2018年9月生・2019年4月生出願受付中]

▼本科UI/UXD専
クリエティコーディングコース/インタラクションUIデザインコース/コミュニケーションデザインコース

▼本科CG/VFX専攻

▼本科CGヴィジュアルアーティスト専攻

<<専科>>
6ヶから1年間で就職・転職社会人のためのコース(1年間または6ヶ/週1日/社会人ダブルスクール可)の下記3専攻が対。[2018年9月生申込受付中]

▼専科グラフィックデザイナー専攻

▼専科Webデザイナー専攻

▼専科3DCGデザイナー専攻

コースの詳細は下記URLよりご確認ください。
http://school.dhw.co.jp/school/tokyo/index.html


■対校舎

デジタルハリウッド東京本校
東京都千代田区神田駿河台4-6御ソラティ アカミア 4F
お問い合わせ先:tokyo@dhw.co.jp


■対コースへの入学をご希望の場合

下記URLよりスクール説明会へお申込みください。
コースの詳細などについてご案内させていただきます。

説明会申込み用URL
https://school.dhw.co.jp/form/counseling/


■聴講をご希望の場合

本特別授業はデジタルハリウッド東京本校本科生・専科生以外の方も、聴講生としてご受講いただくことが可です。
下記URLよりお申込みください。

▼聴講申し込み用URL
https://school.dhw.co.jp/p/eat_creative_program/

▼受講料
一般受講料:27,000円(税込)

デジタルハリウッド東京本校以外の校舎でご受講のデジタルハリウッド在校生受講料:18,000円(税込)

デジタルハリウッド卒業生受講料:18,000円(税込)

※1回の授業単体でのご受講は承っておりません。全3回のご受講をお願いいたします。


デジタルハリウッド株式会社運営会社)

http://www.dhw.co.jp/

1994年日本初の実践的産学協同のクリエイター養成スクールを設立。現在東京大阪に専門スクールと、全の各都市Web映像の学べるラーニングスタジオデジタルハリウッドSTUDIO」、そしてeラーニングによる通信講座「デジハリオンラインスクール」を展開。2004年には日本初、株式会社によるビジネス×ICクリエティブの高度人材育成機関デジタルハリウッド大学院(専門職)」、翌2005年4月に「デジタルハリウッド大学」を開学。
設立以来、デジタルハリウッド全体で9万人以上の卒業生を輩出している。
さらには、2015年4月スタートアップ志望者を対としたエンジニア養成学校『ジーズアカデミーTOKYO』を開校、同年11月には日本初のドローンビジネスを皮切りに、ロボットサービス産業の推進を的とした『デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー』を開校した。



配信元企業デジタルハリウッド株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ