東京ディズニーシー」が「大規模拡プロジェクト」の基本合意を発表。「魔法が導くディズニーファンタジー世界」をテーマとし、ディズニー映画アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』『ピーター・パン』の世界を、本プロジェクトのために新たに開発する4つのアトラクションなどで再現した3つのエリアの構想が明らかになりました。

既存施設への追加投資として 過去最高となる約2,500 億円をかけ、東京ディズニーシー開業以来最大の面積を拡し、2022年度中の開業をすとのことです。

株式会社オリエンタルランドより発表された「航空写真」には、「東京ディズニーシー大規模拡プロジェクト」開発予定地が示されています。ちなみに「ソアリン(仮称)」とは、2019年度にオープン予定の新アトラクションです。

【『アナと雪の女王エリアアトラクション1、レストラン1】

ディズニー映画アナと雪の女王』を舞台とするこのエリアで、ゲストは門が開かれたアレンデール王国を訪れることができるとのこと。このエリアには、アナとエルサ2人の姉妹の心温まるストー リーをめぐるアトラクションと、美しい山のふもとにあるアレンデールの中にレストランが導入。

アトラクションでは、ゲストはボートに乗り、アナとエルサの心温まる物語をたどり、数々の映画名曲と共に、ちょっとしたスリルも体験出来るということなので期待大。

【『塔の上のラプンツェルエリアアトラクション1、レストラン1】

ディズニー映画塔の上のラプンツェル』をテーマとし、ラプンツェル深くにそびえるこのエリアには、ラプンツェルと一緒に、映画の中で描かれたランタンフェスティバ ルを訪れるアトラクションや、映画に登場する愉快な荒くれ者たちの隠れテーマにしたレストランで食事が可に。

新しいアトラクションでは、ゲストはランタンフェスティバルに向かうまでののりを体験。ゴンドラに乗り、ラプンツェルと一緒に進み、フィナーレでは、映画の感動的な名曲と共に、美しく揺らめく数えきれないほどのランタンのりに包まれる、ロマンスに満ちた体験が演出されるそう。デートにぴったり!

【『ピーター・パンエリアアトラクション2、レストラン1】

ディズニー映画『ピーター・パン』が舞台のエリア。ネバーランドジャングルを飛び立って海賊た ちと戦う大アトラクションと、ティンカーベル妖精たちが住むピクシーホロウを訪れる かわいらしいアトラクション、ネバーランド素晴らしい色を眺めながら食事ができるレ ストランが導入。

2つのアトラクションのうち、大アトラクションでは、海賊にさらわれたウェンディジョンを救うため、ゲストはボートに乗り込み、ロストボーイズのあとを追ってを下り、 ティンカーベルピクシーダストでネバーランドの上へと飛び立ちます。おなじみの音楽キャラクター3Dの迫ある映像が加わり、これまで見たことのないネバーランドの冒険を体験することが出来るとのこと。

ディズニーホテル

新たなディズニーホテルは、新テーマポートのストーリーの核となる魔法を囲むように建築ディズニーファンタジーテーマとしたホテルでは、壮大で美しいテーマポートの全景を、パークに面する客室のから臨むことが可。475室を有するこのホテルは、デラックス タイプの客室に加え、一部は、東京ディズニーリゾート最上級の宿泊体験を提供するラグジュアリタイプの客室で構成されるそう。

まだ全貌は明らかになっていませんが、家族で、友達同士で、デートで、それぞれのエリアで色々な楽しみ方が出来そう! 完成が楽しみですね。

※現時点での内容であり、今後変更になる場合があります。

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』