ウィーザーに、TOTOの大ヒットナンバーアフリカ」をカヴァーをするように懇願していたTwitterユーザー@weezerafrica”の望みがい、先バンドによるTOTOの「ロザーナ」と「アフリカ」のカヴァー晴れ開された。

ウィーザー ライブ映像

 Noiseyによると、“@weezerafrica”はウィーザー・ファン14歳少女メアリーによるもので、Netflix人気ドラマシリーズストレンジャー・シングス 未知の世界』を通じて、TOTOの「アフリカ」を知ったとのことだ。

 ウィーザーによる「ロザーナ」と「アフリカ」は、現在2曲ともビルボード・ホット・ロックソングス・チャート“Hot Rock Songs”にエントリーしており、「アフリカ」はバンドにとって2009年に3位を獲得した「(If You're Wondering If I Want You To)I Want To」以来となるTOP10入りを果たした。なお、TOTOによる原曲は「アフリカ」がビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で1位、「ロザーナ」が同チャートで2位マークしている。

 そこでバンドは、この予想外ヒットとなったカヴァーを現地時間2018年6月12日に『ジミー・キンメルライヴ!』で初ライブパフォーマンスした。後半では、TOTOオリジナルメンバーとして知られるキーボディストスティーヴ・ポーカロがサプライズで登場し、タイトなキーボードソロを披露し、観客を沸かせた。バンドは他にもデビュー作から「バディ・ホリー」を披露している。


◎「アフリカライブ映像
https://youtu.be/BmRovgZsvAQ

◎「バディ・ホリーライブ映像 
https://youtu.be/r7LsX1N2Bc4

ウィーザー、話題のTOTO「アフリカ」のカヴァーをスティーヴ・ポーカロと披露