オリエタルランドは14日、東京ディズニーシーに新たなテーマポートを開発する大規模拡プロジェクトを発表した。新テーマポートの開業は2022年度中をすとしている。

画像をもっと見る

東京ディズニーシーで8番となるテーマポートは、「魔法が導くディズニーファンタジー世界」がテーマディズニー映画アナと雪の女王」「塔の上のラプンツェル」「ピーター・パン」の世界を、4つのアトラクションなどで再現した3エリアで構成する。新テーマポートに足を踏み入れると、アナとエルサアレンデール王国深くにそびえるラプンツェル、そしてピーターパンティンカーベルたちの故郷であるネバーランドを発見し、そのファンタジー世界を体験することができる。また、パーク内には、最上ランクの部屋を有するディズニーホテルも新設する。


このプロジェクトでは、既存施設への追加投資としては過去最高となる約2500億円をかけ、東京ディズニーシー開業以来最大の面積を拡。新テーマポートは2022年度中の開業をす。なお、2020年には東京ディズニーランドの大規模開発の開業を予定している。

新テーマポートの全景(C)Disney