右肘故障の今宮も「長くかかる感じには見えなかった」

 14日、右膝の不調でリハビリを続けていた内川聖一が、筑後での2軍戦(対オリックス)で実戦復帰。「4番・DH」でスタメン出場し、第1打席はライトフライ、第2打席はレフトへのソロ本塁打、第3打席はライトヒットの3打数2安打ヒットの後、代走を送られてベンチに退いた。

 1軍の全体練習中、グラウンドに現れた工藤公康監督は「2本ヒットは(中継で)見てましたよ。だいぶ右膝の感じもいいみたいだね。上(1軍)に来れば守備もあるから、あとは守ってみた時にどうなのかだね。そこも(1軍復帰の)判断の基準になる。状態の報告も来ることになっているから、それからだね」と、少しホッとした表情でった。

 また、右肘の故障で抹消された今宮健太から「重くはない」という診察の結果報告を受け「そんなに長くかかる感じには見えなかった。すっきりした顔をしていたので良かったです」と、こちらも安心した様子だった。(一都 / Kazuto Fujiura

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】