6月22日21:30からNHK Eテレで放送される「ららら♪クラシック」に、ゲストとしてトクマルシューゴ吉松隆石野卓球電気グルーヴ)、勝井二(ROVO)が出演する。

【大きな画像をもっと見る】

「ららら♪クラシック」はクラシックの魅をわかりやすく解説する番組で、今回の放送ではミニルミュージックの第一人者であるスティーヴ・ライヒを特集。手拍子だけの演奏、テープ編集によるコラージュといったユニーク演奏方法や作品に込めた社会的なメッセージ興味深いコンセプトを持つ作品の成り立ちや意図を紐解く。

スタジオでは、ライヒパット・メセニーのために書いた楽曲「エレクトリックカウンターポイント」をトクマルが演奏。「9つのギターベース事前に録音し、その音を再生しながら演奏する」というライヒコンセプトを実践し、すべての演奏を合成した10分割映像オンエアする。また石野卓球と勝井二はVTRで出演。テクノロックなどのアーティストにも大きな影を与えたライヒ音楽について、それぞれが着をる。

NHK Eテレ「ららら♪クラシック」現代音楽の冒険王 スティーヴ・ライヒ

2018年6月22日21:3021:59
<出演者>
会:高橋典 / アナウンサー
スタジオゲスト吉松隆 / トクマルシューゴ
VTRゲスト石野卓球 / 勝井

オンエア曲>
カルテット / Colin Currie Group東京オペラティコンサートホール:タケミツメモリアル)
クラッピング・ミュージック / スティーヴ・ライヒ、コリン・カリー(東京オペラティコンサートホール:タケミツメモリアル)
・テヒリーム / Synergy Vocals、Colin Currie Group東京オペラティコンサートホール:タケミツメモリアル)
・イッツ・ゴナ・レイン / スティーヴ・ライヒ
・ディファレントトレインズ / ストリング・クヮルテット ARCO
エレクトリックカウンターポイント パート3(ファスト) / トクマルシューゴ

左から高橋克典、トクマルシューゴ。(写真提供:NHK)