ますむらひろし漫画アタゴオル」の世界葛飾北斎浮世絵合体した作品を展示する「ますむらひろしの北斎展 ATAGOAL×HOKUSAI」が、6月26日から8月26日まで、東京・すみだ北斎美術館で開催。新作の「漁師図」が初開される。

 代表作である「アタゴオルシリーズのほか、長編アニメーション映画銀河鉄道の夜』(1985)、『グスコーブドリの伝記』(2012)など宮沢賢治の童話の漫画アニメ化作品の原案、原作者として知られるますむら。2016年八王子市夢美術館で開催された「ますむらひろしの北斎展」などで披露された「アタゴオル×北斎」作品の魅は、主人公ヒデヨシをはじめとする「アタゴオル」のキャラクターたちが、北斎が描いた日本美しい風景違和感なく溶け込んでいるところ。本企画展では、美術館所蔵の北斎作品とますむらの作品を一部並列して展示。両者を較しながら観られるのも一だ。

ますむらひろしの北斎展 ATAGOAL×HOKUSAI」チラシ表面(C)ますむら・ひろし

 企画展は3章で構成。ますむらがライフワークとして制作し続けた漫画アタゴオルシリーズ、同作と北斎の代表作「嶽三十六」がコラボレートした「アタゴオル×北斎」の世界、「アタゴオルシリーズ漫画原稿やイラスト、初期作品の資料などを展示。ますむらが使用した筆、シャーペン万年筆ペン先、絵具皿などの具も鑑賞できる。(編集部・石井百合子

ますむらひろしの北斎展 ATAGOAL×HOKUSAI」は6月26日8月26日、すみだ北斎美術館で開催
(前期:6月26日7月29日・後期:7月31日8月26日で展示替えを実施、休館日:毎週月曜日7月16日は開館、7月17日は休館)

初公開される「アタゴオル×北斎」の新作「漁師図」 - (C)ますむら・ひろし