イースタンで12号13号も…「もちろん守備アップさせなきゃいけない」

 日本ハム栗山英樹監督が14日、本拠地での阪神戦前清宮幸太郎内野手について言及。この日、イースタン・リーグ楽天戦(森林どり)で2戦連発となる12号13号本塁打を放ったルーキについて「甘い所を打つのはわかっている」と驚かなかった。

 清宮は2軍降格後に11試合で9本とアーチを量産しているが、指揮官が1軍昇格の安にするのは本塁打の数ではない。「今見ているのは、打ち取られ方が変わっているかどうか。(1軍で)打って感じてほしいと上げて、やられ方に学びがあったと思う。それがクリアされているなら、前に進ませる」とった。

 打席内容にこだわるだけではなく、今は守備と体強化の時間とも位置付けているようだ。「もちろん守備アップさせなきゃいけないし、しっかり走り込まなきゃいけない。自分の体重をスピードを持って動かすという一番シンプルなことが全にできないと、いろんな練習量もたくさんできないので」と話した。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

日本ハム・栗山英樹監督【写真:荒川祐史】