神奈川県警察本部(神奈川県横浜市本部長斉藤実、以下「神奈川県警」)、神奈川県(知事:黒岩 治)、とヤマトホールディングス下のヤマト運輸株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長長尾 裕、以下「ヤマト運輸」)、ヤマトダイアログ&メディア株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役最高経営責任者:片倉 由美子、以下「YDM」)、ヤマトスタッフ・サプライ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 尾崎 幸嗣、以下「YSS」)は、本日6月14日、「地域安全に関する協定」を締結し、締結式・出発式を行いましたので、お知らせいたします。ヤマトグループ内の3社が連携して都道府県警察と協定を締結するのは、高知県警に続き全で2番となります。

1.背景
 神奈川県警では、「安全で安心して暮らせる地域社会の実現」を本年度の運営重点とし、地域見守り活動の推進のほか、特殊詐欺を始めとした県民に不安を与える犯罪の抑止・検挙などに、県とも連携して取り組んでいます。
 ヤマトグループは、「社会で一番され信頼される企業グループ」になることをし、全各地で高齢者の見守り支援や産物の販路拡大などの地域活性化や課題解決に自治体Government)と一緒になって取り組む「プロジェクトG」を推進しています。
 このたび、神奈川県警神奈川県ヤマトグループ3社(ヤマト運輸・YDMYSS)は、それぞれが有する情報や人的資を有効活用し、「安全で安心なまち かながわ」の実現をし、連携して取り組んでまいります。

2.協定締結による、な取り組み内容
(1) 地域見守り活動
「地域見守り隊」のステッカーヤマト運輸YSS車両約2,700台に貼付し、YDMスタッフ60名は腕章として身につけ、子ども女性、高齢者などの見守り活動を実施。
集配先で新聞がたまっているなどの異変を感じた場合に、神奈川県警通報

車両ステッカー・腕章デザイン
(2)特殊詐欺被害などの未然防止活動
「振り込め詐欺」「現送れ詐欺」への注意喚起をする専用送り状を作成し、ヤマト運輸神奈川県
の営業所約260ヵ所に設置。また、神奈川県作成の「振り込め詐欺被害防止」「消費者被害防止」ポスターヤマト運輸の営業所へ掲示。
高齢者宅で不審な訪問者を見かけた場合や、荷物の受付の際に「お金を送るように言われた」とお客さまに言われたり、おどおどしているなど様子がいつもと違うときに警察へ連携。
神奈川県警キャラクター「振り込まセンジャー」をあしらった注意喚起 送り状
3.「神奈川県神奈川県警ヤマトグループ 地域安全に関する協定」締結式・出発式について
 本日、2018年6月14日11時00分から神奈川県警にて締結式を、14時00分からヤマト運輸 神奈川管支店にて出発式を行いました。

【出席者】
神奈川県警察本部
 生活安全部長             牧 智明(まき ともあき)
 生活安全総務課長             森元 博(もりもと ひろし
 生活安全総務課犯罪抑止対策室長     中島 忘(なかじま あつし
神奈川県
 くらし安全防災局長         河原 知徳(かわはら とものり)
 くらし安全防災局 くらし安全交通課長   秋本 剛(あきもと つよし)                くらし安全防災局 消費生活課長    田中 陽子(たなか ようこ) 
ヤマト運輸
 取締役                  臼井 一(うすい ゆういち
 常務執行役員関東社長          大井 博(おおい ひろひこ)
ヤマトダイアログ&メディア
 代表取締役最高経営責任者         片倉 由美子(かたくら ゆみこ)
ヤマトスタッフ・サプライ
 代表取締役社長              尾崎 幸嗣(おざき こうじ
出発式で、車両にステッカーを貼付する、 神奈川主管支店 高橋 伸之介さん
パトカーが先導し、「地域見守り隊」のステッカーを貼った車両12台が出発

配信元企業ヤマト運輸株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ