JAL中央大学が、社会・地域の発展とグルバル人材の育成を的に、連携協定を締結。JALは同校の様々な学生視点を取り入れることで、観光業の広がりにもつなげていきたいとしています。

多様な価値観に対応できる人材を育成

JAL日本航空)と中央大学2018年6月14日(木)、人的・知的資の交流と活用を図り、教育や研究などを通じて地域社会の発展とグルバル人材の育成に寄与することを的に、連携協定を締結しました。

中央大学多摩キャンパス東京都八王子市)で行われた締結式では、JAL藤田直志代表取締役社長中央大学福原学長が協定書に署名しました。

中央大学は、学生現代社会の多様な価値観に対応していくをいかに身に付けていくかを課題にしてきたといいます。

福原学長は、「くから世界への舞台を切り開き、様々なの人たちと接してきたJALの幅広い知見を学生たちに学んでもらいたい。そのことが多様な価値観内外の様々な問題に対応できるグロバルな人材育成につながる」として、今回の協定に期待を寄せています。

JAL藤田社長は、提携を通じて社会や地域の持続的発展への貢献をしていきたいととのこと。他方、未知の分野への取り組みを課題としているなか、学生たちの視点を取り入れることで、観光業界に新たな広がりを作っていきたいともいいます。

観光業はホテル旅行代理店のビジネスと思われがちですが、いまはIT産業など様々な分野とのつながりが大切になっています。中央大学での講義や交流を通じて、いろいろな学部の学生さんたちに、自分たちの分野であればこういったことを観光業につなげていける、と教えていただけるのではないか。実学を重視する中央大学だからこそ、それができると思っています」(藤田社長

今後、環境や安全など様々なテーマを組み立てたJALによるリレー講座の開催や、ICT(情報通信技術)を活用した観光商法のシステム作り、JALが振するスポーツパラスポーツを大学施設で行うなど、連携して人材育成や研究、地域社会の発展に努めていくとしています。

JALと中央大学が連携協定を締結。写真はイメージ(2016年3月、恵 知仁撮影)。