トラウトは2試合連続マルチ本塁打放つなど奮闘も、エンゼルスは4連敗中

 大谷翔平投手が右肘内側側副靭帯の損傷で故障者入りしたエンゼルス大谷の離脱直後は勝利を重ねていたものの、ここに来てチーム状態は下降線を描いている。13日(日本時間14日)に行われた敵地マリナーズ戦も6-8で敗戦。これでシアトルでの4連戦でマリナーズスイープされ、まさかの4連敗。ここまで3732敗で貯は5こそあれ、首位のマリナーズとは7.5ゲーム差となっている。

 そのエンゼルスの中で孤軍奮闘しているのがスーパースターマイク・トラウト外野手。11日(同12日)、12日(13日)のマリナーズ戦では2試合連続で1試合2発のマルチ本塁打を記録しながら、チームは敗戦。13日(同14日)もトラウト自身は3打数2安打1打点2四球と結果を残したが、チームの勝利には結びつかなかった。

 の活躍がに結びつかない現状に、辛辣なことで知られるニューヨークメディアエンゼルスをバッサリとり捨てている。「ニューヨークポスト」はトラウトが2試合連続マルチ本塁打を放ちながらも、エンゼルスが連敗を喫したことについて「マイク・トラウト歴史的なナイターゲームは(エンゼルスの)何が間違っているのかを的確に示している」との見出しで記事を掲載した。

 記事内では「ああ、そうとも。エンゼルスはどちらの試合も敗北を喫した。ヤンキースレッドソックスインディアンスプレーオフ進出をほぼ確実なものとしている」とし「エンゼルスは既にショウヘイ・オオタニを失っており、恐らく残りのシーズンもその状態が続くだろう。そして、トラウトの素晴らしい働きを不意にしてしまっており、それはあまりにも頻繁に繰り返されている出来事である」と摘している。

 メジャーでも屈スタープレーヤーであるトラウト。2014年2016年の2度のア・リーグMVPにもいている。ただ、トラウトがエンゼルスとなった2012年からの6シーズンで、エンゼルスプレーオフに進出したのは2014年の1度だけ。「ニューヨークポスト」は「彼がベストプレーヤーとして球界でプレーし始めて今年で7年である。エンゼルスプレーオフに一度だけ進出しており、プレーオフ1回戦でスウィープされている。エンゼルスは史上最高の選手の一人であるトラウトの最盛期を駄にしてしまっている」とエンゼルスの体たらくぶりをぶったった。

 故障者入りしている大谷の復帰は現状、見通しが立っていないエンゼルス。故障者続出とチーム事情も苦しい現状にある。大トラウトの懸命の働きを、なんとかに結びつけていきたいところだ。(Full-Count編集部)

エンゼルスのマイク・トラウト【写真:Getty Images】