映画 きみにした30日』にW演するわかなと佐野勇斗が14日、都内で行われたイベントにサプライズ登場した。佐野は、初映画となる同作について「『こんなを過ごしたいな』という作品になっていると思います」とにピッタリな作品であることをアピールした。

 イベント佐野の2人がサプライズで姿を見せると、会場から大きな拍手が送られた。そして、ブシロードクリエイトロッテの3社と映画』のタイアップCMを撮影したことが発表された。『』は、夏休み田舎で過ごすことになった都会育ちの女子高校生・理緒()と、地元の高校生・吟蔵(佐野)のラブストーリー。いずれのCM映画のロケ地である三重県度会で撮影され、佐野の役柄も劇中を反映したものとなっていることが明かされた。

 佐野は「クリエイトさんのCMのときに(バイトを探そうと決意する理緒に)『頑れよ』と言うところがあって。映画と違ってCMは時間を気にしないといけないので、少し口で言わなきゃいけないところがあって、そこは恥ずかしかった」と告白。続けて「アイスが好きなので、(CM撮影の際に)アイスモナカが食べられるのは嬉しかったですね」と笑顔を見せた。

 また、今回は3本のCM映画の撮影と並行して行われたとのことで、は「やっていることは普通と変わらない感じだったんですけど、別のものとして出来上がるとこんな感じだったんだなと思いました」と感想を述べた。

 最後に、が「原作を読んだときから、っすぐさが理緒のイメージだなと思っていました。それは演じ終わってからも変わらなかった。それを感じてもらえたら」と会場に呼びかけると、佐野も「どんな人も『こんなを過ごしたいな』という作品になっていると思います。(未完成のため)映画はまだ観られていませんが、演じてみて良い作品だと思いました。この作品を観なかったらは始まりません。ぜひらにをお貸しください」とアピールした。(取材・文:壬生智裕)

映画 きみにした30日』は8月1日より全
ブシロードバンドリ! ガールズバンドパーティ!)、クリエイト(Createバイト)、ロッテ(モナ王)とのタイアップCM6月下旬以降、順次オンエア

『青夏』に主演する佐野勇斗