映画『寝ても覚めても』から、東出昌大、唐田えりか瀬戸康史アピールコメントと共に、それぞれの劇中場面写真が解禁となった。東出は「人ならばしも底に持っている心を撮る為に、熱狂しながら撮影の日々を過ごしていたんだと思います」と振り返っている。

【写真】『寝ても覚めても』キャスト劇中写真ギャラリー

 青年・麦(東出)との運命的なに落ちた朝子(唐田)が、麦が姿を消してから2年後に、麦にそっくりな顔をしたと出会い、過去の“”と現在の“”の間で心揺らぐ姿を描く本作。キャストには伊藤沙莉、山下リオ渡辺大知も名を連ねている。

 東出は「観た後に、胸に残るこの『疼き』は何なのか、未だに分かりません。オファーを頂いた時は一人二役と聞き、キャラクターの差異をどのようにつけようかなどと夢想していましたが、 監督メソッド真剣に取り組むうちに、浅はかな演じ分けなど必要ないと痛感しました」と撮影を述懐。

 本作で初のヒロイン役に抜てきされた唐田は「完成した作品を見て、知らない自分だらけで、嬉しくも怖くもなりましたが、この作品はを逸らさずに全部優しく抱き締めてくれているようなそんな気がしました。朝子のことをみんなに理解してもらえなくてもいい。でも一人一人に、何かが、届いてほしいです」と思いを込める。

 の同僚・耕介に扮する瀬戸康史は「この作品は見てくださった方のその時の心や、これまでの経験で受け止め方が大きく違ってくると思います。監督の演出も余計なものは削っていく方法ではじめての経験でした」と回想。さらに、「主人公2人が行動していく様は本的で、その純さが怖かった。人種や性別などは違ってもらは“寝ても覚めても人間”なのだと感じました」とメッセージを寄せている。

 今回、キャストコメントと共に、3人に加え伊藤山下渡辺の劇中写真開された。

 映画『寝ても覚めても』は9月1日より全開。

『寝ても覚めても』に出演する東出昌大(C)2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINEMAS