2013年アメリカアリゾナ州で実際に起きた山火事を基に、命懸けで住民たちの救出活動を行った森林消防士たちの活躍を描いた『オンリー・ザ・ブレイブ』(6月22日開)。本作で“ホットショット”と呼ばれるエリート森林火災消防隊に所属する新人隊員を演じたのは、『セッション』(14)『ビニー/信じる男』(16)の若手実マイルズ・テラーだ。彼が本作への想いと撮影の舞台裏をったインタビュー映像を独占入手した。

【写真を見る】マイルズ・テラー扮する“落ちこぼれクズ男”をしごくのはジョシュ・ブローリン

マイルズは、森林消防隊の隊長マーシュ(ジョシュ・ブローリン)に見出され、物中な上に窃盗罪で保護観察中という“クズ男”から一転、森林消防士に抜されるブレンダン役。落ちこぼれだったブレンダンが厳しい訓練を経て成長していく姿を熱演している。

映像の冒頭では、ブレンダン役に選ばれた時の心を「参加できることになって奮したよ。この物語に貢献できて心から誇りに思った」とマイルズ。また森林消防士のスキルを身につけるために参加した、ブートキャンプでの思い出について「すごくいい機会だったよ。らはこの体験を通して、隊員たちが実際にくぐりぬけてきたものを肌で感じることができたんだ」と、訓練が役づくりにも生かされたことを明かしている。

彼自身、本作で初めてホットショットの存在を知ったというが、「観客は心を動かされると思う。この映画テーマ家族兄弟だと思うし、らはスクリーンの上でそれをうまく再現できた」と出来栄えにも自信を持っている。

圧倒的な迫映像と、守るべき人のために危険な状況でも立ち向かっていく熱い男たちのドラマが満載の本作。マイルズたちの奮闘ぶりを、まずはインタビュー映像チェックしてほしい。(Movie Walker・文/トライワークス)

マイルズ・テラーはドラッグ中毒の挙句に窃盗罪で逮捕される正真正銘の“クズ男”を好演