6月10日に投開票が行なわれた新潟県知事選挙自民明が支援する花角英世氏(60)の初当選で幕を閉じた。今回、「友・加計」問題で攻勢を強める野党が池田千賀子氏(57)を推して、政さながらのしい選挙戦が繰り広げられた。

 その最中、地元報道波紋を広げた。それは三条地区を中心に発行されている「三新聞」の6月6日付の記事だった。

 自民党の地方支部が三条で開催した緊急会議の様子を報じたのだが、その中で支部幹部の発言を掲載。

「(池田氏について)文報道)が選挙後に出るようだ。また下半身の話だ」

 そもそも、この選挙米山隆一前知事の辞職で始まった。その原因を作ったのが「文春砲」。週刊文春米山前知事の女性問題を報じた。それだけに、インパクト大の発言だったのだ。

 ところが、のちに発言のは「ツイッターに流れていた話をもとにして話しただけ」と地元抗議する意図があることを日刊ゲンダイ報道。根拠のない発言を掲載した三新聞は選挙の疑惑をかけられることに…。

「でも、あの三新聞ですから、そんなにくじらをたてなくてもいいのに」

 と、話すのは、ある民放局関係者。もともと同は「書きすぎる」クセがあったというのだ。

「その特徴ある面は番組で取り上げられたこともあります。特に、テレビ欄は驚きで、番組表の2倍ほどの面を使って、番組内容を解説してしまうのです」(前出・民放局関係者)

 かつて同テレビ欄を紹介した番組によれば、アニメドラえもん」は、当日の放送回の3分の2の内容を文字化。トーク番組なら会者とゲストの掛けあいの内容、ネタ見せ番組ならコントオチまで‥‥。人気番組の全てを面でバラしてしまうのだ。前出・民放局関係者が続ける。

「番組を観られなかった子供クラスの話題についていけるように、全解説の面にしたそうで、書きすぎだけど、決して悪気のない新聞なのです」

 今回の「文春砲予言」報道も、選挙の話題についていけない人のために親切心から出たものなのだろう。

アサ芸プラス