日本を代表するピアニス小山実稚恵は2006年から12年間・24回にわたってBunkamuraオーチャードホールリサタルシリーズ小山実稚恵の世界』を続け好評を博した。その小山が同ホール2019年から2021年までの3年間・6回の新シリーズベートーヴェン、そして…』に挑む。制作発表には小山音楽学者の平野昭が登壇した。

(左から)平野昭、小山実稚恵

(左から)平野昭、小山実稚恵

小山は「『ベートーヴェン、そして…』というシリーズ2019年から3年間かけて演奏できることを本当に幸せに思います」と話し「大変気持ちを込めてプログラムを作りました。テーマ性があることは必須ですが、予測が付きそうで予測がつかない感じが非常に重要なポイントです。6回のコンサートベートーヴェンの後期それも作品101以降の作品を中心に組み立てました。何が『そして…』なのだろうかと聴いていただければ大変うれしいです」と抱負を述べた。

小山実稚恵

小山実稚恵

ベートーヴェン、そして…』は楽ベートーヴェンピアノソナタを軸に、そこに同時代のシューベルトベートーヴェンが影を受けたといわれるバロック音楽J.S.バッハ古典モーツァルトピアノ曲を織り混ぜる。平野は「考え抜かれて並べられた曲ですね」とコメント。第1回<敬愛の歌>で、ベートーヴェンピアノソナタ28番イ長調作品101と共にシューベルトピアノソナタ第13番イ長調作品120(D664)と即曲作品90(D899)、作品142(D935)よりを披露することに対して「シューベルトにはイ長調の作品が結構多いのですが、ベートーヴェンピアノソナタ28番は非常にロマン義的なところへ傾斜していますので、シューベルトの作品を置いて第28番から始めるのは非常に理にかなっています」と解説した。

平野昭

平野

第3回<知情意の奇跡>では、ベートーヴェンピアノソナタ30番ホ長調作品109に加えバッハゴルトベルク変奏曲長調BWV988演奏する。平野が「ベートーヴェンハンマークラヴィーア・ソナタピアノソナタ第29番変ロ長調作品106)を書く前にバッハ平均律楽譜を引っり出しフーガスケッチを書き写して晩年の作品に反映させますが、その原点となったのがゴルトベルク変奏曲」とフォローしたように後期ベートーヴェンの特徴を捉えた構成だ。

第4回は<本と熟成>と題され、山田和樹揮する横浜シンフォニエッタの管弦楽が入り、ベートーヴェンピアノ協奏曲第0番変ホ長調WoO4、ピアノ協奏曲第5番変ホ長調作品73皇帝」他を上演する。ピアノ協奏曲第0番はベートーヴェンが13歳で作曲したもの。平野が「ベートーヴェンピアノ協奏曲の最初と最後の作品を聴けるのは非常に楽しみ」と期待を寄せたが鬼才山田との共演は話題となるに違いない。小山は質疑応答時に山田揮の印を問われ「知情意のすべての切れ味が凄いなというのが私の印です。本的でいられるけれど知性で切り替えることのできるような」と答えた。

(左から)平野昭、小山実稚恵

(左から)平野昭、小山実稚恵

2017年に『小山実稚恵の世界』を終え「一言では尽くせない色々な経験をし、音楽のすばらしさを感じるに至った12年間だった」と振り返る小山Bunkamura30周年記念(第1回、第2回)、ベートーヴェン生誕250周年記念(第3回、第4回)の節を飾る新シリーズでも大きな感動をもたらすだろう。

小山実稚恵

小山実稚恵

取材・文・撮影:高橋

小山実稚恵