13日放送の「水野真紀魔法レストラン」(MBSテレビ 水曜9:00)は、関西人が大好きな“パン戦区”を調する人気シリーズの第3弾。実は“コメ党”という十代松本幸四郎も参戦し、大阪メトロ御堂筋沿線の人気店を調した。
42軒のパン屋さんが立ち並ぶ天王寺エリアで聞き込み調

大阪・地下鉄御堂筋線沿いはパンの激戦区!
を行ったのはV6長野博とロザン宇治原史規ペア。以前の調でもパンについてマニアックコメントを連発している長野のことをパンシェルジュだと思っているという宇治原に、長野は「決して資格は持ってないからね」と否定したが、調開始一発からの人からも「パン資格、持ってはるんでしたっけ?」とを掛けられるなど、関西人の間でも「長野パンシェルジュ」という噂が広まっている?
大阪・地下鉄御堂筋線沿いはパンの激戦区!
 さらに調を続けていると、胸に食パンが描かれたTシャツを着ている、いかにもパン好きな女性に遭遇。その女性にオススメされた寺田町にある「リリパット」で人気No.1の「もちもちクリームパン」をにした長野は、店小麦粉米粉の割合を質問するなど相変わらずのマニアックぶりを発揮。続いて訪れたパン世界大会に日本代表で出場したことがある有名シェフ人気店「パリゴ」でも、プロ職人からよく聞かれるという質問をぶつけてシェフを感心させた長野に対し、宇治原は得意の雑学で対抗しようとするも、その雑学長野も知っているもので空振りに終わった。
 そんな長野人生で初めて出会ったという、南フランスでよく食べられているやわらかい食感のパンに、高級チョコレートを練り込んだ「パリゴ」の「キャラメルチョコくるみのフワス」が、“本物”のパンシェルジュ5名の判定により御堂筋線パン戦区のNo.1にいた。

配信元企業株式会社毎日放送

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ