クライマックスが近づいてきた好評放送中のTVアニメヒナまつり」。本作の魅に迫るインタビュー連載、第11回ではついに、「ヒナまつり」の生みの親である原作者の大武政夫さんとアニメ監督及川啓さんが登場! アニメをご覧になっての感想や、作るにあたってこだわっている点、題歌について伺いました!

TVアニメ「ヒナまつり」より

――最初にアニメ化の話を聞いた時はどう思われました?

大武:「ほんとにやんの? ほんとにやれんの?」みたいな感じでした。なので最初は現実感がなかったです。

――監督をはじめとするアニメスタッフの方とお会いしたときはいかがでしたか?

大武:そこでようやく、ドッキリじゃないんだなと。

及川:そういう感覚だったんですね(笑)

大武:今回のアニメ化の話を聞いたのが2年前だったので、途中で何が起こるかわかんないじゃないですか。その間に、ヤクザの抗争が始まったら……って。まあ今では、あっという間な気もしますけど。やっぱり、声優さんが決まって、アフレコになってようやく実感が出てきましたね。

――実際に完成したアニメをご覧になっての感想をお聞かせください。

大武:「クオリティがすげえ高えんだけど大丈夫?」って思いました。みなさん絵が上手いし、キャラの特徴を捉えて可く描いてくれるので「……マジか」ってなりましたね。どなたかお一人呼んで、漫画描いてほしいです。

及川:ほんとに、キャラクターデザイナーさんが原作の絵の特徴を捉えてデザインしてくれたので、自分としても嬉しかったですね。

――印的だったシーンはありますか?

大武:オープニングが一番インパクトありました。ずっとイクラ丼を持っているのはなんなの?って。あと曲が最高に爽やかで、すごい笑っちゃいました。

及川オープニング原作の表のイクラを参考にしたんです。常にイクラが表にあるので(笑)

大武:3話まで見たところでは、やっぱり「あっちむいてホイ」、あそこアニメにして映えたなぁと思いました。容赦なく歯茎も描いて変顔をやってくれて。

及川:あのシーン竹内哲也さんというメインアニメーターの方に手掛けていただきました。原作の再現度が高く素晴らしいシーンになったと思います。ありがたいですね。スタッフも「ヒナまつり」が好きで参加してくれた方が多くて、すごくみんなの情熱が伝わってきます。1話のAパートも、瞳が大好きな徳田(賢朗)さんというすごく上手い方が全部やってくださいました。そういえば1話のAパートって瞳は出てませんでしたね…(汗)。

大武:ありがたいですよね。好きな人が描いてくれているっていう話を聞くと。

――原作をとても大切にしてアニメを作られているのが伝わってきますが、監督的にアニメ化するに当たって特にを入れている点はどこですか?

及川:この原作はとてもシュールで、ほんとに面い作品ですが、それだけに原作の良さを最大限活かすためのストライクゾーンはかなり狭いかなと思ったんです。その上で、テンポと間にはすごくこだわりましたね。シナリオ絵コンテ、演出、編集、アフレコダビングのセクションで常にテンポと間にはこだわりました。

それと原作の絵というか表情ですね。表情はやっぱり原作のものを活かしたいと思ったので、絵コンテにそのまま先生の絵を貼って「この表情で」と各スタッフに伝えながら作っていきました。

――オープニングエンディングも凝っていますね。

及川エンディングはまさに「ヒナまつり」というか、ホントに素晴らしい曲だったんで、(コンテの)イメージがすぐに浮かんだんです。それに対して、オープニングは苦労しましたね。打ち合わせのときに“「ヒナまつり」なのに、いい曲っていうボケをやりたい”と言っていたら、本当にいい曲があがってきて(笑)、なかなかコンテのイメージが思い浮かばなくて。最初は全カットにイクラを入れようとチャレンジしたんですけど、どうにも入らないとなったときに、子が思い浮かんで。じゃあ子を全部に入れるというギャグにしようと……。でも結局イクラ半分、子半分みたいな不思議なオープニングになってしまいました(汗)。

大武:でもそのお陰で、味のあるオープニングになりましたね。ヒナがに打たれているとき、しれっと子さんが通っているの、最初気づかなかったです。

及川:OPのあの辺はそれぞれのキャラの悲しいシーンを入れました。最初は本編エピソードを使おうって思っていたんですけど、さすがにに打たれているヒナは原作にないので、「ちょっと盛ってくか」みたいな(笑)あそこは、出をしているシーンイメージしました。それと、とりあえあえず子も入れてみました。あとは、アンズからお金を奪った子さんも本編では間なのに夕方に変えて悲しい感じにしたり。瞳が契約書を書かされているところも、盛って可哀想に描いたんですけど、ここは本編を見返してもひどさがあんまり変わってないなと思いました(笑)

――オープニングエンディング子が消えていったのはどうしてですか?

及川:少しでも視聴者さんにオープニングエンディングにも注して毎回見て欲しいなというのがあって。ちょっとやりすぎたかなって思っていたんですが、原作ファンの方のコメントを見たら意外と喜んでくれているようで大丈夫かなって(汗)。

大武:原作ファン子の扱い悪いですからね(笑)

――エンディング歌謡曲ですが、最初に聞かれた時どう思われましたか?

大武:プロデューサーの吉武(太郎)さんが、エンディングは「絶対これなんですよ!」ってすげー気合が入っていて。最初はみんな「……ん?」「へー」みたいな感じでしたが、今となっては、これしかないって思います。それにしても、全体を通してムダにいい曲ばかりですよね。「ヒナまつり」なのに(笑)

及川:6話の特殊エンディングもですが、この先にも特殊エンディングや挿入歌があって、その曲もすごくいいです。

大武:マジ笑っちゃいます!(WebNewtype・ 【取材・文:佐藤一】)

TVアニメ「ヒナまつり」より