ジャニーズ事務所(©ニュースサイトしらべぇ)

しらべぇ既報のとおり、NEWS・手越祐也(30)が未成年女性らと飲酒パーティをしていたことが報じられた。手越の他にも、前回の「文春砲」では小山慶一郎(34)や加藤シゲアキ(30)も狙われており、それぞれ活動自粛と厳重注意の処分が下っている。

メンバー4人のうち、3人の未成年飲酒が報じられてしまったNEWSだが、ネット上では3人に対する落胆の声が相次いでいる。

■「大学生のノリ」に批判の声

小山と加藤といえば、20歳と年齢を偽った19歳女性にお酒を強要。小山は「○○(相手女性)ターゲット! ○○ターゲット! 飲み干せ!」と煽るなど、愉快なパーティを楽しむ姿が音声で公開されていた。

また、今回の手越も未成年女性らと高級シャンパンを空け、先輩グループ「嵐」を批判するような替え歌を歌ったことが話題に。どちらも若い女性と酒の席を楽しんでいるが、コール替え歌などからこのような夜会が何度も行われていたのは明白だ。

女性から支持されるジャニーズアイドルらしいといえばらしいが、30代である彼らがまるで大学生のノリで楽しむ姿には批判の声もあがっている。

■「30過ぎの大人のすることじゃない」

ネット上では「品がない」「ダサい」といった言葉が寄せられた。お茶の間で見ない日はないというほどの人気者でありながら、若い女性と夜な夜な楽しむ姿には「みっともない」との指摘も。中には「こんな大人になりたくない」と辛辣なコメントも見受けられる。

■「心底、裏切られた」と落胆するファン

手越といえば『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)でもチャラチャラした男のキャラクターで親しまれていた。それでいてナルシストで女好きと一見マイナスのようにも思えるが、一方で仕事に対する誠意も見受けられることから「根は真面目」として愛されていたはず。

しかし、今回の一件を受け「心底、裏切られた」と落胆するファンも。

■ジャニーズブランドは崩壊している?

相次ぐジャニーズアイドルスキャンダル。しらべぇ編集部がツイッターユーザー258名に「ジャニーズブランド」について調査したところ、8割以上が「崩壊している」と回答した。

ジャニーズは芸能界のトップ」と思われていた時代はすでに終わったと考えている人が多いようだ。

かつてはスキャンダルを握りつぶしていたと言われるほど影響力が強いジャニーズだが、これからはアイドルらしく品行方正を担うべきなのかもしれない。

・合わせて読みたい→NEWS手越、替え歌で「嵐の口パク」を批判 嵐ファンがブチギレの地獄絵図に

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】 方法:Twitter調査
調査期間:2018年6月7日
対象:Twitterユーザー男女258名(有効回答数)

NEWS手越・小山の飲み方がダサすぎる 「30代とは思えない」と落胆が相次ぐ