アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長斎藤 徹)は、このほど、車両本体価格の一部を最終回の支払額(残価)として据え置き、残価と同額でのの買い取りを保する残価保ローン「Audi Future Driveアウディフューチャードライブ)」の本格導入を開始しました。本商品は、アウディ ファイナンシャル サービス※1(本社:東京都品川区、代表取締役社長:横瀬 正幸)により提供されるものです。

Audi Future Drive」は、アウディの将来の車両価値を保し、々の支払いの軽減とともに、お客様への安心感を両立させたローンプログラムです。

従来より、据置設定ローン「Audi Sローン」で、車両本体価格の一部を据え置き、々の支払いを軽減する支払いプラン提供してきましたが、残価保ローン「Audi Future Drive」では、残価保を加えることで、最終回支払時に原則として清算の必要く、ライフステージに合ったアウディのご利用や乗り換えがより容易になりました。ご購入時に、Audi Freeway PlanやAudi Freeway Plus. Lightなどのメンテナンスプログラムや、延長保プログラムであるAudi Carlife Plus.などを組み込むことも可で、お客様に、より安心で快適なアウディ ライフをお送りいただけます。

支払い回数(期間)は、36回(3年)/ 48回(4年)/ 60回(5年)が選択でき、最終回の支払時には、1、Audiへの乗換え、2、車両の返却、3、継続利用(残価を再分割または一括支払い)の選択となります。詳しくは下記のウェブサイトをご参照、もしくはアウディ正規販売店にお問い合わせください。  http://www.vfj.co.jp/audif/services/audifuturedrive.html

アウディ ジャパンでは、アウディ ファイナンシャル サービスとともに、お客様の様々なニーズに対応するべく、Audi Future DriveAudi Sローン、Audi 認定中古Sローン、Audi 自動車保険プレミアムAudi Ambassador Cardなどの多ファイナンス商品提供を通じて、これからも充実のアウディ ライフをお届けして参ります。


※1 アウディ ファイナンシャル サービスは、フォルクスワーゲンファイナンシャルサービスジャパン株式会社運営する事業部門です。

配信元企業アウディ ジャパン 株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ