子・NAJI柳田原作によるRIO「転生したらドラゴンだった ~イバラドラゴンロード~」1巻が、明日6月15日に発売される。

【大きな画像をもっと見る】

同作は、異世界モンスタードラゴンエッグに転生してしまった主人公の活躍を追うファンタジー作品。弱くて美味なドラゴンエッグは冒険者やモンスターに食料として見られており、主人公は食べられてなるものかと敵を撃退するうちに進化チャンスを得る。頭の中に直接りかけてくる「強くなれ」というに導かれるように最強種へのを歩み始めるが、元人間の彼は戦いばかりの日々を寂しく思う。モンスターに襲われる少女を助けたり、強敵に挑んで死にかけたり、強さと人との繋がりをめる主人公サババル生活を描く。

なおアニメイトゲーマーズ、こみらの!参加店、三洋堂書店、TSUTAYA BOOKS、とらのあなメロンブックス、有隣堂の秋葉原店・横浜駅西口コミック厚木店では特典が付属。在庫には限りがあり、なくなり次第配布は終了となるため、詳細は購入予定の書店にて確認を。

本作はアース・スターノベルアース・スターエンターテイメント)から刊行されている小説コミカライズ版。原作の7巻もコミカライズ版1巻と同時発売で、これを記念して公式サイトには「とあるの話」、1巻巻末には「人間と魔物」という書き下ろしのショート小説が掲載されている。

コミカライズ版1巻の特典リスト。