映画『寝ても覚めても』のキャストコメントと新たな場面写真開された。

9月1日から開される同作は柴崎友香の同名小説をもとにした作品。今年の『第71カンヌ国際映画祭』コンペティション部門に選出された。忘れられないかつての人・麦と、彼と同じ顔をした実なサラリーマンの間で揺れる女性朝子の8年間を描く。

今回開されたキャストコメントで、麦との2役を演じる東出昌大は「観た後に、胸に残るこの『疼き』は何なのか、未だに分かりません。オファーを頂いた時は一人二役と聞き、キャラクターの差異をどのようにつけようかなどと夢想していましたが、監督メソッド真剣に取り組むうちに、浅はかな演じ分けなど必要ないと痛感しました」と明かした。

また、ヒロイン朝子役を演じる唐田えりかは「初のヒロイン、本格演技デビュー作ということもあり、初めは不安もあったのですが、東出さんがご飯に連れて行ってくださったり、敬語はやめようと言って頂いたお陰で、撮影前に関係性が作れたので、不安はく、撮影に入るのが楽しみで仕方なかったです」とっている。

さらにの同僚の耕介役を演じる瀬戸康史朝子ルームメイト鈴木マヤ役を演じる山下リオ大阪にいる朝子の親友の代役を演じる伊藤沙莉、大阪にいる朝子友達岡崎伸行役を演じる渡辺大知(黒猫チェルシー)らのコメントも到着している。

『寝ても覚めても』より東出昌大 ©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会