6月15日()に開される映画空飛ぶタイヤ』。累計180万部を突破した池井戸潤の同名小説映画化であり、演に長瀬智也さんを迎え、共演にディーン・フジオカさん、高橋一生さん、深田恭子さん、岸部一徳さん、野高史さんらオールスターキャストが集結。「下町ロケット」「半沢直樹」「陸王」など、これまで数多くドラマ化され、社会を巻き起こしてきた池井戸作品が、満を持しての初の映画化となります。

本作は、ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故によって整備不良を疑われた運送会社社長が、大企業に立ち向かいながら真実追求するさまが描かれる、世紀の大逆転エンタインメント。俳優が勢ぞろいしている本作において、一際存在感を放つのが、女優小池栄子だ。男性キャストの多い今作でも決して引けをとらない確かな演技で作品にを添えています。そこで、名脇役としても名高い小池栄子をはじめとした、女優界のバイプレーヤーたちをご紹介!

小池栄子/『空飛ぶタイヤ』(6月15日開)】
近年、名脇役としての地位を不動のものにしつつある小池栄子が満を持して池井戸潤作品に参戦! 高校在学中に芸界入りした小池栄子は、 “癒し系グラビアアイドル”が流行っていた当時、”威圧系グラビアイドル”として一世をし、二のグラドルとなった。近年ではドラマリーガル・ハイ」や「マッサン」など女優としても精的に活動しており、出演作品のほとんどがを固めるポジションだが、常に視聴者をうならせるほどの演技を披露している。2011年開の『八日』では主人公に近づくルポライターを演じ、『第35日本アカデミー賞』の優秀助演女優賞を受賞するなど、女優としての地位を確固たるものにしている。さらに女優業だけなく、情報番組やバラエティー番組の会などでも活躍し、持ち前のトークで場を盛り上げるユニークな一面も持っている。

そんな芸界でも二の女優小池栄子が本作で演じるのは、週刊潮流記者榎本優子ホープ銀行本店営業本部・井崎一高橋一生)と旧知の仲であり、ホープ銀行グループ会社であるホープ自動車の内情を探ろうと井崎に探りを入れる。井崎がホープ自動車へ疑問を抱くきっかけとなったのが榎本の仕入れたとある噂だった。また、本作の主人公赤松徳郎(長瀬智也)へも重要な情報を与えるなど、物語を大きく動かす”キーパーソン”として、重要な役どころ演じる。記者として誇りを持ちながら、真実を追いめる姿は、女性でもときめいてしまうほど。女優界のバイプレーヤーとして小池栄子迫真の演技を見逃すな!

(C)2018映画空飛ぶタイヤ製作委員会

キムラ緑子/『銀魂2(仮)』(8月17日開)】
2013年NHK連続テレビ小説ごちそうさん」で演じるヒロインいけずな義・西門和枝役を演じ、”最恐キャラ”と一躍注を浴びたキムラ緑子。以降、”ヒール役”の印が強くなったキムラだが、近所のおばちゃんから貴婦人まで自分の個性を消し全く印の違うキャラクターを演じることから、”カメレオン女優”と称されている。2018年開の『銀魂2(仮)』で「スナックお登勢」のママお登勢を演じることが決定し、ファンからは「お登勢さんそのままじゃん!」「ナイスキャスティング!」と絶賛のコメントが続出。ファンも認めるキムラ緑子お登勢に注してほしい。

(C)空知英秋集英社 (C)2018映画銀魂2」製作委員会

貫地谷しほり/『アイネクライネハトジーク』(2018年開予定)】
2002年修羅の群れ』で映画デビューを果たした貫地谷しほりは、2007年NHK連続テレビ小説「ちりとてん」で初演を飾り、その後も役をやらせれば役級の実を発揮し、脇役やらせれば役を食わないほど良い演技もできるオールマイティ女優として活躍。そんな貫地の最新出演作が、2018年開予定の伊坂幸太郎原作小説実写化映画アイネクライネハトジーク』だ。本作は6作品それぞれの物語が緻密な計算によってつながっており、貫地は「ライトヘビー」という作品のり手兼美容師として登場。演を務める三浦を固める、貫地谷しほりの絶妙な演技からが離せない!

木南晴夏/ドラマ花のち晴れNext Season〜」出演中】
爆発人気となったテレビドラマ勇者ヨシヒコシリーズで、ヨシヒコ山田孝之)と共にをするムラサキを演じ、一躍その名を世間にかせた木南晴夏。一時は、主人公の友人役ばかり演じることに悩んでいたが、2009年開の映画20世紀少年』でヒロインカンナ平愛梨)の友人・小泉響子を演じた際、監督原作者から「二つだ」と絶賛されて以降、主人公を固めるバイプレーヤーの在り方に気づいたそう。そんな木南は現在放送中の「花のち晴れNext Season〜」でヒロイン江戸川音()の頼れるバイト先輩紺野亜里沙を演じている。苦悩を乗り越え、ものにしたバイプレーヤーとしての演技を披露する木南晴夏から今後もが離せそうもない。

【関連記事】大企業の戦いに一途な想い……闘いに挑む男たちの姿に感動ッ! 邦画作品3選
http://getnews.jp/archives/2050702

―― 表現する人、つくる人応援メディアガジェット通信(GetNews)』