人気アイドルグループジャニーズ事務所所属のNEWS・手越也の未成年との飲疑惑が、14日発売の「週刊文春」(文藝春秋)に報じられた。

 記事によれば、昨年12月に手越はタレントで当時17歳と19歳の未成年者女性と同席、テーブルクリスタルなどの高級シャンパンを置いてカラオケじていたという。動画にもバッチリ収められているから、言い訳のしようがない。

 また、今年4月には日本テレビラルフ鈴木こと本名・鈴木アナウンサーと手越が未成年女性と同席してコールをかけを飲み、カラオケしていた様子も報じている。

「これらの報道氷山の一角ですよ。アイドルモデルみたいな女性男性アイドルの接点は、非常に多い。それにラルフのようなメディア関係者、IT経営者などが絡んで、乱痴気パーティーを開催するのは、よくあることです」(芸関係者)

 ラルフといえば、手越が2013年に当時SKE48に所属し、現在AV女優として活躍する三上亜らと合コンし、三上と“泥酔ベロチュー”していたときに居合わせていたことでも知られている。

ラルフさんは08年に美人CAの女性結婚し、双子の子宝にも恵まれているよき夫ですが、では、ジャニーズタレントスポーツ選手らと手に飲み歩いていますよ。キー局人気番組に出演していることもあって、顔もよく知られているので、モテます。そういうこともあって、飲み会に誘われる機会も多いのでしょう」(同)

 コンプライアンスが厳しくなった現代にあって、強い倫理観がめられるキー局アナウンサードンチャン騒ぎに同席していたというのは大問題だ。局はどういった対処をするのか。もし反しているならば、ラルフは今後付き合う人間を考えた方がいいかもしれない。

日本テレビ「アナウンスルーム」より