西日本鉄道は、西鉄福岡(天神)駅2019年2月から昇降ロープ式ホームタイプホームドア実験を行う。

同社が保有する電車は、車両形式によってドアの枚数や位置が異なるため、開閉するホームドアの位置を変える必要があった。また、車両編成数によって開閉する区間を限定する必要があった。

この課題をクリアさせるため、同社は昇降ロープ式ホーム柵(支柱伸縮)を採用。

今回の実実験で、ダイヤへの影やラッシュ時の乗客への影などを検証する。

実験ホームドアは、西鉄福岡(天神)駅2番線の乗・降ホームの北口札側各1両分に設置。

約1年間の検証期間を経て、2021年度には本格整備に着手する。