鈴木亮平演で放送中の大河ドラマ西郷どん」(NHK総合ほか)に、坂本龍馬役で出演する小栗旬6月13日の新出演者発表会見に登壇。小栗”のいでたちを報道にお披露した。

【写真を見る】ド迫力でごわす! 鈴木亮平&小栗旬の“幕末仮面”姿のツーショット

そして同日「西郷どん」のオフシャルInstagramに、鈴木姿の小栗がツーショットで登場。

至ってな顔をしながら、鈴木演で映画化された「HK/変態仮面」(2013年)の“HKポーズ”を決めているなツーショットを披露し、ファンから「まさかのHKポーズ!」「変態仮面だ!」と話題を呼んでいる。

主人公西郷吉之助(盛、鈴木)の波乱万丈な生涯を描いている同作。7月15日(日)以降の放送回からは、一慶喜(松田翔太)、勝舟(太郎遠藤憲一)、桂小五郎(玉山鉄二)、岩倉具視(笑福亭鶴瓶)など、下を揺るがす英傑たちが登場し、吉之助に影を及ぼしていく“革命編”に突入する。

NHKならぬWHK!?

2013年放送の「八重の桜」(NHK総合ほか)で吉田松陰を演じて以来、7度大河ドラマ出演となる小栗

劇中で主人公の吉之助と出会い、互いを認め合う間柄に。しかし、徳川慶喜を温存しようとするは、討幕にとっては邪魔者になってしまう…。

小栗は、先日の会見で「『西郷どん』の坂本龍馬は、“商売をしたい”という思いが色濃く描かれているので、冒険みたいな人物に見せられたらと思いながら演じています」と役での演技のポイントを明かし、「1年近く吉之助という役と向き合っているくんの、非常に大きな存在感を感じながら撮影しています。

吉之助の中に、考え方が変わるような(影を与えるように)、坂本龍馬が残っていけばいいなと思います」とり、役に向けて並々ならぬ決意をにじませていた。

そんな小栗鈴木がいきなり見せてくれたおちゃめなツーショットに、ファンからは「さーーーん せごどーーーん」「W変態仮面!」「両方めっちゃ好き〜」「やばいいけめん」「きた!きた!キタ〜〜」と奮気味のコメントが殺到している。

なお、小栗”の登場は7月放送の第26回を予定。(ザテレビジョン

鈴木亮平と小栗旬は取材会でも仲の良いやりとりを繰り広げた