6月13日放送の「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)に、ギャル曽根ゲスト出演。子供ネイティブイングリッシュを習得させたいと考えているギャル曽根が幼児の英語教育について尋ねたところ、評論家らがダメ出しを連発された。

【写真を見る】“ギャル”時代のギャル曽根。今では教育ママに?

4歳頃には言を文節に分けて考えられるようになるため、しりとりで遊ぶとが向上する、といった教育に関する“年代別アナタが今すべきこと”を評論家らが紹介。

そこでギャル曽根が「ちっちゃい子供のうちはがいいから、英語を小さいうちからやらせた方がいいって言うじゃないですか?」と質問。

生物評論家池田氏が「それはダメですね」とバッサリ。聞き取るは向上するかもしれないが、小学校入学前後での言野は急速に発達するため、そのタイミングで2カ国語を覚えようとすると混乱してしまう、と重大なデメリットを説明した。

諦めきれないギャル曽根が「でも、ジャパニーズイングリッシュじゃなくて、やっぱネイティブなのが…」と食い下がると、身近な人間が常に英語で話すといった環境が整っているならまだしも、中途半端な環境しか整えられないのであれば、英語圏に住まなければネイティブイングリッシュの習得は理だと追補した。

脳科学評論家・澤口俊之氏も、で聞かせるよりも文法を教える方が後に英語が急に向上するという現在の研究結果を紹介。

文法そのものを理解しないまま英会話をたたき込むと、単なる表面的な会話で終わってしまうと摘した。

そこで明石家さんまが「ギャル曽根は、ちゃんと英語をしゃべれるようになってほしいんだ」と助け船。

「というよりは、なんかやっぱ、親になって子供の将来のことを考えちゃう」とり出したギャル曽根の言葉をさえぎって「なーんにも意味もないから止めてくださーい!」と澤口氏が即座に否定し、スタジオを沸かせた。

ネットでは、「子供に良い教育を…と思ってたのに」「そんな環境作るの理だし!」と動揺を隠せない親たちのコメントが続々と上がった。

この反応を受けて、「うちのかみさんにも言ってほしい」「子供に押しつけないで、まず自分ができるようになりなよ」といった辛口コメントも。

また「日本在住の純日本人だけど、母親日本語父親英語で会話してるよ」「洋楽好きの両親が英語ラジオや曲をいつも流してたからか英語得意!」といった成功者の支援コメントまで、さまざまな意見が上がり話題を呼んだ。

次回の「ホンマでっか!?TV」は6月20日()9時より放送。ゲストギャル曽根が登場し、トマト分だけで夏野カレーを作る予定。(ザテレビジョン

ギャル曽根が「ホンマでっか!?TV」にゲスト出演