1918年創刊の児童雑誌『』で「童謡」という言葉が発表されてから、今年で100年を迎えます。この「童謡100年」の節の年に、童謡作家として様々な作品を手掛けた「北原ゆかりの地、神奈川県小田原市が、デビュー60周年を迎えた老舗コーラスグループの“ボニジャックス”と、彼らが後継者と認めた若手コーラスグループの“ベイビー・ブー”を「小田原童謡大使」に任命し、「童謡」としての小田原のPRと、世代をえて歌い継がれる“童謡”の魅小田原から全に発信していきます。

<以下、小田原市コメント
このたび、長年、美しい日本の歌を歌い続けてこられたボニジャックスの皆様と、その志を引き継がれて活動されているベイビー・ブーの皆様に、小田原童謡大使としてご就任いただけることになりました。
小田原は、東京とも近く、温暖で、山、自然にも恵まれていることから、近代以降、多くの政財界人や文人・客が居を構え、中世からの下町としての歴史と相まって、豊かな文化を育んできました。
今から100年前、小田原に移り住んだ北原は、「」の創刊を契機に、童謡詩人として、当地で活躍の場を広げ、生涯1200をえる童謡の半分以上を、小田原に滞在した8年余の期間に創作しています。の代表曲「からたちの」は、関東大震災の翌年、大正13年5月小田原を散策している中で生まれたと、は書いていますが、童謡は、震災をはじめとする社会不安の中で、子どもから大人まで、多くの人の心に明るいを点し、人々を励まし、優しい心を呼び戻すとなったことでしょう。の残した素晴らしい童謡を、次世代へ伝えていくことは、童謡ふるさとである小田原の大きな願いです。
このたびの歌が結んでくださった大きなご縁に、深く感謝し、小田原市としても、ボニジャックスベイビー・ブーの皆様の活動を、応援して参りたいと思います。

配信元企業株式会社イチクエンタテインメント

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ