伝説の連覇につながった「2分40奇跡」を五輪SNS開「ありがとう

 平昌五輪フィギュアスケート男子で66年ぶりの連覇を達成した羽生結弦ANA)。右足首の故障からぶっつけで挑み、迫真の演技で掴んだ偉業は世界に感動を呼んだが、オリンピック公式ツイッターは連覇の序章となったショートプログラム(SP)の演技をノーカット開。永久保存版ともいうべき「2分40奇跡」に海外ファンに「まさにこれをめてた」「また観られるなんて何たる喜び」と感動を呼び起こしている。

 今、見てもあの時の感動が甦ってくる。オリンピック公式ツイッター開したのは、1本の動画2月16日平昌五輪男子シングルSPの羽生の演技だった。

 淡いブルーのグラデーションがかかった衣装を閉じ、リンクの中央に立った羽生ショパンバラード第1番」のピアノの旋とともにを開き、運命の勝負に出た。冒頭の4回転サルコーを璧に着氷。一気に沸き上がり、会場の雰囲気を全に引き込んだ。中盤は美しいステップ、スピンで魅了し、後半には得意のトリプルアクセルも成功させた。

 4回転―3回転の連続ジャンプも決め、最後まで璧に演じ切った羽生。曲の終わりで両手を広げ、決めポーズを作ると表情には「どうだ」と言わんばかりの笑みが浮かんだ。会場が悲鳴にも似た歓に包まれる中、数のプーさんが客席から降り注いだ。采を浴びながら、客席に笑顔を届ける羽生の姿で、3分27映像は締めくくられている。

 マークした得点は自身が持つ世界最高得点に迫る111.68点。当時は右足首の故障から118日ぶりのぶっつけ本番。ファンには期待と同じくらい不安もあっただろう。しかし、羽生にはそんなこと関係なかった。そして、2日後、迫真フリーの演技で涙の66年ぶり連覇につながっていった。まさに伝説の始まりといえる「2分40奇跡」だった。

「たくさんのオリンピックファンがこれをめてきました。あなたは何が見たい? ありがとう」とつづられ、開された動画には「荘厳!」「最高のプログラム」「まさにこれをめてた」「また観られるなんて何たる喜び」「1080p解像度)でYouTubeに上げて!」などと感が殺到。まさに永久保存版となりそうだ。(THE ANSWER編集部)

羽生結弦【写真:Getty Images】