サーティー・セカンズ・トゥ・マーズが最新アルバムアメリカ』より「レスキュー・ミー」のミュージックビデオ開した。

サーティー・セカンズ・トゥ・マーズ MV

 ビデオにはマイケル・ジャクソンパリス・ジャクソンや、ロックバンドスタークローラーアロウ・デ・ワイルドマドンナバックダンサーを務めたこともある仏女ソフィア・ブテラがカメオ出演している。監督は、映画監督であり、これまでに20以上の【MTVワード】を受賞してきたミュージックビデオ天才制作者であるマーク・ロマネク。アメリカで暮らす様々な肌の色をした彼らの生々しい感情の爆発を捉えたビデオシンプルながら、観るものに訴えかける強さに溢れている。本楽曲とビデオについて、フロントマンのジャレッド・レトは次のようにっている。

Rescue Me」は痛みについて、真実について、解放についての歌で、皆をづけるための楽曲なんだ。過去の残骸からの解放。自己の呪縛からの解放。そして人生に待ち受けるすべての希望を受け入れる自由のために。

そしていつの日にか、幸福と夢に満ちた生活を送りたいという希望を持ちながらも、多くの人が恐怖や失望、不安に立ち向かわねばならない、残酷な戦争についての歌でもある。

痛みはのもとへも分け隔てなく訪れる。たち全員に影しうる。身体に。心に。精に。そして時に、その痛みが感情的なものであれ、精的なものであれ、それを口に出すことを皆恐れてしまう。

しもがいつだって「大丈夫」なわけじゃない。そうじゃないときが、汚点であってはならないんだ。自身、そしては、どちらもそれぞれが抱える問題において、自己とのしい闘いを経てきたし、それは人生を変えるような出来事だった。はいつも過去辛い日々は、これから待ち受けるかしく得難い間のためにあると思うようにしているんだ。そしてその変化はいつだってすぐそこに待ち受けている。

めてこのビデオのために、勇敢に、自己を捨てて、自身の弱さを曝け出してくれた皆にお礼を言いたい。共有してくれた感情とっ直ぐな心は自分に大きく影を与えたし、自身もそうであればいいと思う。そして自分のヒーローでもある映像制作者であり監督マーク・ロマネクと仕事ができたことをとても嬉しく、誇りに思っている。この作品は、この13年間の間で自分が監督を務めなかった一のビデオなんだ。恐れ多くも、彼にその責務をまかせたことで、シンプル美しい、贈り物を届けることができたようだよ。

自分の周りの人が助けを必要をしていると思ったなら、大丈夫か聞いてあげてほしいし、自分がついているってことを知らせてあげてほしい。様子をみてあげて、なにかできることがあれば助けになってあげてくれ。

もし君が今傷ついているのなら、君はそれを乗り越えることができる。だから信頼できるかを頼って、助けをめて欲しい。

#RescueMe


◎「レスキュー・ミー」ミュージックビデオ
https://youtu.be/yEWb6bsd5lo

リリース情報
アルバムアメリカ
2018/5/23 RELEASE
UICS-1341 2,500円(tax out)

サーティー・セカンズ・トゥ・マーズ「レスキュー・ミー」MV公開、パリスが涙するシーンも